フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

2017年8月21日 (月)

どうせぜんぶ嘘なのだ


先の大戦は日独などの枢軸国がすべて悪く、
連合国のやったことはすべて正しい、
ということになっている。

だから慰安婦の強制連行とか南京大虐殺
とかいう大嘘が堂々とまかり通るわけだ。

そうした観点から見ると、
最近のメディアのフェイクニュースというのも
何だか騒ぎ立てるのがバカバカしくなる。

「どうせ全部嘘じゃないか」
と言いたくなってくるのだ。

南京大虐殺で殺された女性の写真が
通州事件で殺された日本人のものであったり、
日本兵が中国人を射殺している映像が、
中国軍の中国人民に対するものであったり、
徴用工として働かされていた朝鮮人の写真が
日本人の写真であったり、
もう無茶苦茶だ。

本来なら、戦後体制そのものの嘘が
暴かれなければならないのだが、
そこに触れようとすると
歴史修正主義者として断罪される。

だからやはり、ひとつひとつの事実について、
「これは嘘ですよ」と指摘していくしかないのだが、
本当にそこら中嘘ばかりで疲れる。

そもそも世界中で事実が重要と考えているのは
日本人くらいではないだろうか?

歴史というものは事実などではなく、
自分たちに都合の良いように作り替えていくもの
という考えが多数派のような気さえする。

世界が事実などどうでもいい
と考えているとしたら、
次から次へと嘘で責め続けられている日本は
どうすればいいのだ。

おまけに信じやすい日本人は、
その嘘にコロリと騙される。

日本維新の会が電波法を改正する
「周波数オークション法案」を国会に提出したそうだが、
とにかく早くして欲しい。
https://www.youtube.com/embed/-R0DglpFFXE?autoplay=1

せめて日本国内だけでも、一部の放送局であっても、
一刻も早く事実の報道が為されるように
してもらいたいものです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2017年8月20日 (日)

異常な夏、異常な日本

『今日の関東地方は大気の状態が不安定になっています。
栃木県では高根沢町で1時間に52.0mm、宇都宮市で30.0mmの激しい雨を観測し、
道路冠水などを引き起こしました。
17時30分現在は東京都心でも激しい雨となっており、ヒョウが降っている所もあります。
道路が冠水している所もあるため、車の走行は十分に注意が必要です。(後略)』
(8/19(土) 17:51配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000425-weather-soci

この夏の異常気象は、天が私たちに何かを伝えようと
しているように思える。

それほど異常な日本であり、世界の現状だ。

難民が欧米になだれ込んでテロが頻発し、
ポリコレや白人至上主義、イスラム原理主義が入り乱れ、
もはや誰が誰を差別しているのかもわからぬまま
キレイゴトとホンネが衝突する。

我が国においても保守と思われていた詐欺教育者が、
突然左翼と手を結び、寄付金集めの広告に使っていた総理夫妻を
100万円の偽札束を握りしめて追い回す。

教育行政のトップであった文科事務次官が
出会い系バーに頻繁に通い詰め、
あろう事かその行為を貧困調査と弁明する。

貧しい者から搾取する者たちのみが富み栄え、
「差別」という名の被害者ビジネスが横行する。

このままの日本を続けるわけにはいかないし、
このままの世界を続けるわけにもいかない。

天が荒れるのも致し方ないところだろうし、
ゲリラ豪雨や落雷に打たれながら、
我々はその意味するところを深く考えるべきだろう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2017年8月18日 (金)

韓国は恥を知る国に

『韓国の文在寅大統領が日本の朝鮮半島統治時代の徴用工に絡む請求権について
「個人の権利は残っている」との考えを示したことに関し、
日本外務省は17日、大使館ルートを通じて「徴用工の問題は日韓請求権協定で
解決済みである」との立場を韓国政府に申し入れた。
文氏の発言は、2012年に韓国最高裁が下した「個人請求権は消滅していない」
との判断を踏襲したものだが、日本政府の立場とは真っ向から食い違う。
日本外務省は申し入れに際し「(請求権協定で解決済みとした)韓国政府の立場は
変わっていないと認識している」とも伝えた。』
(産経ニュース 2017.8.18 12:14)
http://www.sankei.com/politics/news/170818/plt1708180019-n1.html?utm_source=browser&utm_medium=push_notification&utm_campaign=PushCrew_notification_1503004365&pushcrew_powered=1

慰安婦問題にしても、徴用工問題にしても、
韓国人はこうした行為が自らを辱めていることに
気づいているのだろうか?

そもそも日韓請求権協定で、個人賠償分も含め、
その莫大な無償提供資金はすべて韓国政府が受け取っており、
後は国内問題に過ぎないのだ。

それが騒げば金を出すという日本政府の誤った対応が習い性になり、
今も馬鹿げた賠償請求を続けているのだが、
日本はこれ以上そうした要求に応えることはない。

韓国でも事実が知られるようになってきており、
日本から韓国に支払われた無償提供資金が
元徴用工ら個人に支払われなかったのは不当として
韓国政府に対し損害賠償を求める訴訟を起こしている。

そもそも慰安婦にしても、徴用工にしても、
当時、正当な報酬が支払われており、
賠償を請求するような性質のものではない。

しかも日本は韓国に、個人補償分も含めた資金を
日韓請求権協定で支払っており、
慰安婦や徴用工の日本に対する賠償請求は、
二重の意味で彼ら自身を辱める行為なのである。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

«パクリで賞賛される寒さ