フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

2018年2月24日 (土)

事件・事故の背後に


『政府は23日午前の閣議で、左翼過激派の日本革命的共産主義者同盟
革命的マルクス主義派(革マル派)に関し
「全日本鉄道労働組合総連合会(JR総連)および東日本旅客鉄道労働組合
(JR東労組)内には、影響力を行使し得る立場に革マル派活動家が
相当浸透していると認識している」とする答弁書を決定した。
民進党の川合孝典参院議員の質問主意書に答えた。』
(産経新聞 018.2.23 11:20)
http://www.sankei.com/politics/news/180223/plt1802230017-n1.html

JRで頻発する架線切断や火災などの事故の原因は
外的要因もあるだろうが、
内部からの問題も当然予想できた。

それが、やっと表に出てきたということだろうか?

JRだけでなく、すべての企業における不祥事の原因が
似たようなところにあるのではと僕は想像する。

戦後70年の長きにわたって、
日本のあらゆる企業に反日勢力が、様々な手段を使って入り込み、
不祥事を起こしてはメディアがそれを叩いてきた。

さらには反日ブラック企業が労働環境を悪化させ、
過労死などの問題を生み出し、
それがまるで一般企業の問題であるかのように、
労働者の権利ばかりが強化されてきた。

これから、不良社員により企業は疲弊し、
些細なことで訴えられて巨額な賠償を
払わせられることになるのではないか?

ただでさえ財務省の増税・緊縮政策で
日本の成長は抑えられ、
企業は厳しい戦いを強いられている。

不良社員と社員に有利な法律、
利益をかすめ取る外国株主と国のデフレ政策…
これが日本弱体化政策の肝ではないだろうか。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月23日 (金)

意味分からぬ競技

『2018年2月20日、環球網は、平昌五輪スピードスケート・ショートトラック
の女子3000メートルリレー決勝で、中国が反則を取られて失格になったことについて、
「韓国開催の五輪は意味が分からない」と強い怒りを示した。(中略)
記事によると、審判の裁定結果を見た中国の李[王炎](リー・イエン)監督は
信じられないといった様子で頭を抱え、その後「審判のジャッジは一貫性を
保つべきだ」として正式に抗議を行った。
選手からは「ショートトラックという競技がますますわからなくなった」
という声も出ているという。(後略) 』
(レコードチャイナ 2018年2月21日(水) 10時40分)
http://www.recordchina.co.jp/b571111-s0-c50.html

僕も以前から、ショートトラックというのは
よく分からない競技だと思っていた。

競技の性格上、反則の起こる可能性が極めて高い。

20日に行われた男子500メートル予選で、
北朝鮮のチョン・グァンボムが
日本の渡辺啓太選手のブレードをつかみに行った行ないは
とてもオリンピックとは思えない醜いシーンだった。
http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180222/pye1802220038-n1.html

見ていても、どこまでがOKで
どこからが反則なのかがよく分からない。

「ショートトラックという競技がますますわからなくなった」
という選手の声はもっともだし、
「韓国開催の五輪は意味が分からない」という意見は、
世界が感じているところだろう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月21日 (水)

もう次から次へと…


『韓国料理をベースにしたフュージョン料理「チーズタッカルビ」
がヒットしている――。(中略)
チーズタッカルビは、東京・新大久保コリアン街にある「市場タッカルビ」
という店が開発した創作料理だ。
インスタ映えすると話題になり、10~20代の女性の間で爆発的な人気となった。
今やコリアン街のほぼ全ての店が、こぞってチーズタッカルビをメニュー化し、
看板にチーズタッカルビ提供店であることをアピールするようになっている。
チーズタッカルビの起爆力にけん引されて、一時期閑古鳥が鳴いていた
コリアン街がよみがえり、「TWICE」(トゥワイス)のような新しいK-POP
アイドルや、韓国の化粧品も見直されるようになった。(後略)』
(ITメディアビジネスオンライン 2/20(火) 6:40配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000007-zdn_mkt-bus_all

現代日本人のバカッ舌には、マヨかチーズをかければ、
だいたい「旨い!」となる。

それにしても韓国は、どうしても日本人を
韓国化したいらしい。

「2月20日、農業振興になぜキムチ?」のエントリーでも言及したが、
牛丼屋をはじめ最近のファーストフード店やファミレスで
韓国メニューのない店はほとんどない。

僕は行かないけれど、ラーメンの日高屋にも「チゲ味噌ラーメン」
という気持ち悪い食べ物があるという。

この「チーズタッカルビ」も牛丼チェーンの「松屋」や
ファミレスの「デニーズ」、コンビニの「ファミリーマート」で
提供されているらしい。

まあ、食べたい人は食べればいい。

しかしながら、こうしたブームづくりが
韓国の画策する日本への文化侵略の一環であることは
理解しておくべきだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


«アホテレビはほどほどに