フォト

おすすめ本

  • 目からうろこが落ちる経済教室
  • 高天原は関東に
  • 日高見国
  • 現代史の正体

2019年6月16日 (日)

年金払えデモは薪

『老後資金に年金以外の2000万円が必要とした
金融庁の報告書をめぐり、政府の説明や年金制度の改善を求める
デモが16日、東京都内で行われた。
ツイッターの呼び掛けなどで約2000人(主催者発表)が集まり、
参加者は「暮らせるだけの年金を払え」と怒りの声を上げた。
参加者は「老後を守れ」「2000万はためられない」
などと書いたプラカードを掲げた。
2歳の息子と加わった自営業の男性(46)は「老後に備えようにも
余裕はない。報告書を引っ込めて解決するのか」と訴えた。(後略)』
(JIJI.COM 6/16(日) 17:09配信)

金融庁が火をつけ、メディアが煽り立て、
反日野党が騒いでも、いまいち燃え上がらないので、
仲間内のデモで薪をくべたというところだろうか。

「暮らせるだけの年金を払え」というが、
そもそも年金だけで老後の暮らしが充分などとは、
誰も約束していない。

年金の支給額が、突然減ったわけでもない。

国民年金の場合は、40年間納めても7万弱なので、
年金だけで暮らすのが難しいことは
誰もが知っていただろう。

自分が受け取る年金額に合わせて、
それぞれが老後に備えることは
もともと必要だったわけである。

それなのに金融庁が、2000万円不足だから、
もっと投資をしてお金を増やしましょうなどと
タンス預金を引っ張り出そうとするから
おかしな話になったのだ。

年金の支給額が減少したというのなら話は別だが、
支給額は従来と変わっていないのだから
「年金払えデモ」はおかしいのである。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2019年6月15日 (土)

競馬テロ

『14日、競馬界に前代未聞の激震が走った。
JRA(日本中央競馬会)は、今週の土、日に東京、阪神、函館で
出走を予定していた156頭の競走馬の取り消しを決定した。
摂取したカイバなどから禁止薬物の「テオブロミン」が
検出されたもので、これだけの大量の取り消しは前代未聞。
15日朝のトレセン並びに各競馬場に衝撃が走った。(後略)』
(東スポWEB 6/15(土) 13:00配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000015-tospoweb-horse

事の発端は、調教師のところに納入業者から、
「納品した飼料添加物に禁止薬物が入っているので、
回収したい」との申し出があったという。

それを調教師がJRAに連絡し、
同様の飼料添加物を与えていたすべての馬が
競争除外になったということらしい。

問題の飼料添加物はカルシウム摂取のために
カイバに混ぜる「グリーンカル」というサプリメントで、
JRA公認で販売され、
多くの調教師が普通に使用してきたものだという。

そんな飼料添加物に、なぜ禁止薬物が混入したのか?
これまで使われてきた「グリーンカル」には、
まったく禁止薬物の混入はなかったのか?

詳しいことはまだ公表されていないようだが、
これは事件性が高いように思う。

飼料添加物に誤って禁止薬物が混入することは考えにくく、
何者かが意図的に混入したとしか考えられないからだ。

156頭もの競走馬が出走できなかったということは、
オーナーへの賠償問題も発生するだろう。

今後、調査が進むにつれて、競馬会を揺さぶる
大問題に発展するような気がする。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

2019年6月14日 (金)

ディオールは韓国製

『韓国で製造されたディオール化粧品の原産国を「フランス」と
公式通販サイトで表示したなどとして、
消費者庁は13日、百貨店の高島屋(本社・大阪市)に対し、
景品表示法違反(原産国の不当表示)で、消費者への周知や
再発防止策を講じるよう措置命令を出した。
不当な表示は、シャネルやランコム、ジバンシィなど25ブランド
の化粧品と雑貨計147商品にのぼり、
1社当たりの同法の違反点数としては過去最多という。(後略)』
(朝日新聞デジタル 2019年6月13日17時03分)
https://www.asahi.com/articles/ASM6F4J8LM6FUTIL017.html

企業の不祥事が報じられるたびに
釈然としないものを感じるのだが、
今回も何とも不思議な事件だ。

そもそもディオールの化粧品が
韓国製というのもしっくりこないが、
それを高島屋のような老舗百貨店で
扱っていたというのも
奇妙な感じがする。

不当表示が25ブランド、
147商品にのぼるというから、
単純なケアレスミスとも考えにくく、
かといって高島屋が原産地を
偽って販売したとも思えない。

高島屋は通販サイトで
受注だけを行っており、
商品の配送は外部の輸入商社などに
任せていたというようなことだろうか?

いずれにしても高島屋としては
極めてお粗末で、
企業イメージの低下は避けられない。

それにしても
韓国製のディオールの化粧品なんか
誰が買うのだろう?

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

«外貨建て保険苦情殺到