フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

2020年8月10日 (月)

東京都の新規感染者197人

◆東京都で197人が感染 入院者数1682人は過去最多
(朝日新聞デジタル 8/10(月) 15:28配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/146ca0d9d6ec103e0f4accffad09fa5bc0e8b365

◆【速報】新型コロナ、国内での感染者は5万人超
(TBS NEWS 8/10(月) 16:32配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/d563dae1b8a436b745205d1ca861339b99ae5f0c

◆国内のコロナ感染、5万人超え 1週間で1万人増加
(KYODO 8/10(月) 18:31配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b89b0f9f09a601a82f901b4729e77d696b36909

これまで新型コロナの「新規感染者数」のみを
見出しに立てていたマスコミ各社が、
新規感染者数がピーク時から半減したら
「入院者数」や「感染者の国内累計」、
「1週間の増加数」などを見出しにして、
危機感を煽っている。

彼らは、「新型コロナで大変だ」と騒ぐことで、
国民にコロナ自粛を続けさせ、
日本経済を破滅させたいようだ。

それに協力するかのように
お盆の帰省を自粛させようとする都府県の知事や
消費税減税をつぶしたい財務省のために
逆に増税を叫ぶ政府税調。

日本には、日本を破壊したい日本人や
在日外国人が大勢いて
五月蠅く騒ぎ立てるために、
「いま日本にとって何が大切なのか」
が聞こえてこない。

できるだけ新型コロナウイルスに
感染しないように気をつけながら
普通の生活をし、
政府は損失が激しい企業への援助を厚くし、
消費税を当面の間ゼロにすればいい。

現在の状況がもう少し続くと、
企業はバタバタ倒産し始め、
それによる国家のダメージは
回復困難となる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 9日 (日)

PCR陽性者とコロナ患者

新型コロナに関して毎日発表される数字が、
「PCR陽性者(=感染者?)」と「コロナ患者(入院者)」の
どちらを示しているのかがよくわからない。

たとえば8月8日23時55分更新の
国内の「新型コロナ感染者の発生状況」は以下の通りである。

◆現在感染者数14,240(前日比+685)
◆新規感染者数 1,568(前日比− 37)
◆累計感染者数47,463
(データ提供:JX通信社/FASTALERT)
https://hazard.yahoo.co.jp/article/20200207

「現在感染者数」が何を示しているのかというと、
「累計感染者数から退院者数と死亡者数を減じた数値です」
とある。

ということは、ここでいう「感染者」というのは
病院に入院した「コロナ患者」のことになるだろう。

もし、症状のない「PCR陽性者」を含んでいたら、
「退院者数と死亡者数を減じた」だけでは、
「現在感染者数」はどんどん増えていってしまう。

しかし、ニュースなどで報じられる「感染者」は、
PCR陽性者のことを示していることが多い。

例えば、本日発表の
「大阪で195人感染」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba21dfb62e6beb1f0fea3b936abf9acca7490a12
「福岡県で8日 150人の感染を確認 新クラスターも(福岡県)」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e63c9798e8d5a11b24bff6228a44ab03262a1a7
「【速報】兵庫県で新たに48人の感染を確認 神戸市18人、尼崎市17人など」
https://news.yahoo.co.jp/articles/18e227027d4cd10f8ee5c4b06d32bc2989f1e1a4
という記事では、「感染者=PCR陽性者」
として扱われているはずだ。

「PCR陽性者」と「感染者」と「コロナ患者」は
厳密に使い分ける必要があると思うのだが、
数字を見ていたら混乱してきた。

何かひどい勘違いをしてたりして…。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2020年8月 8日 (土)

無症状者からの感染は本当か?

新型コロナがここまで厄介な病気と
認識されるようになったのは、
「無症状者からも感染する」ということが
当たり前のように言われてきたからだ。

僕も「本当なのかな?」
と疑問に思うことはあったが、
新型コロナはそれを前提として
拡大していったのである。

たとえば今日の「カラオケ大会で集団感染 石川」
という石川テレビの記事を見ても、
「カラオケ大会でクラスター、濃厚接触者39人」
と書かれているだけで、
そこに「熱のある人はいたのか?」とか、
「咳やくしゃみをしている人はいなかったのか?」
などにはまったく触れていない。

ところが、今日YouTubeを見ていて、
科学者の武田邦彦先生が、
「発症しなくても感染する」ことに
疑問を呈しておられた。
https://www.youtube.com/watch?v=z6bjFI4BjjM

一般的な風邪やインフルエンザでは、
ウイルスが体内に入って増殖すると、
発熱で免疫機能を高め、咳やくしゃみで
ウイルスを外に出そうとするが、
その段階で他人に感染させるようになる。

ところが、新型コロナでは発症していなくても
他人に感染させるということになっているが、
それは事実なのか、というわけだ。

そこで武田先生が、それについて書かれた
ドイツとイスラエルの論文を読んでみたら、
二つの問題があったという。

一つは「発症しなくても感染する」ということを
結論づけるようなものではなく、
この場合「発症していないときに感染したともいえる」
というような微妙な内容だったという。

もう一つは、それを証明する症例が1~2例しかなく、
武田先生に言わせれば、それは例外的なものであって、
「発症しなくても感染する」というような
これまでの常識を覆す内容にはなっていないというのだ。
https://www.youtube.com/watch?v=z6bjFI4BjjM

詳しくは動画で確認していただきたいが、
そこで武田先生が、「発症しなくても感染する」
と主張している他の専門家に確認したところ、
その専門家は論文を読んでいないという。

要するに、「発症しなくても感染する」
ということが、いつの間にか既成事実化され、
専門家でさえがそれに関する論文も読まずに、
他の人が言っているからというだけで
そう主張しているというのだ。

武田先生の言われていることを
全面的に信用するわけではないが、
最近の専門家と称する人たちの話を聞いていると、
そんなものなのかな、という気もする。

とにかく重大な問題なので、
事実を明確にしてもらいたいものだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

«新型コロナはカゼという視点