フォト

おすすめ本

  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

2019年2月21日 (木)

死刑でいいよ、こいつ。


『長崎市内の路上で、7歳の女児にわいせつな行為をしてけがを
負わせたなどとして、強制わいせつ致傷などの罪に問われた住所不定、
無職、寺本隆志被告(66)の裁判員裁判で、長崎地裁は21日、
懲役7年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。
被告は平成4年に女子中学生2人を殺害した罪などで服役していた。
小松本卓裁判長は「抵抗されにくいという理由で女児を狙った犯行は
卑劣で、幼い被害者の精神の発達に重大な影響を与えかねない」と指摘。
過去に起こした殺人や性犯罪にも触れ「直近の出所からわずか
4カ月余りでの犯行で、強く非難されるべきだ」と述べた。』
(産経WEST 2019.2.21 21:29 )
https://www.sankei.com/west/news/190221/wst1902210055-n1.html

女子中学生を二人も殺したのに、
なぜこの男はまた娑婆に出てこられたのだろう。

刑期を終えたからと言って、何の監視もつけず放置したことが
今回の事件の原因だとすれば、法律の不備は明らかだ。

7歳の女児はなぜこんな理不尽な犯罪の
被害者にならなければならなかったのか?

今回の量刑が懲役7年だから、この男は73歳で
再び娑婆に出てくる。

何の監視もつけず、GPSの足環もつけず、
自由に女性をつけ狙うことができる。

性犯罪者が犯罪を繰り返すことは
今や常識化している。

立法府の不作為により、
罪もない少女たちが狂った性犯罪者の
餌食になっている。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング


2019年2月20日 (水)

韓国・チャイナと防衛交流


海上自衛隊がアジア太平洋地域の各国海軍の幹部を招いて
毎年開いている会合に、レーダー照射問題などで関係が悪化する韓国から
幹部が参加するほか、中国も6年ぶりに参加することになりました。
海上自衛隊は「信頼関係の構築を図っていきたい」としています。(後略)
(NHK NEWS WEB 2019年2月19日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190219/k10011820231000.html

嘘ばかりつく韓国や尖閣諸島を占領しようとするチャイナと
どうやって信頼関係が築けるのだろう。

普通に考えれば信頼関係の構築は、
レーダー照射問題や尖閣諸島問題が解決した後の
話ではないかと思う。

レーダー照射問題は、韓国による謝罪もなく、制裁もなく、
曖昧な決着のまま済ませるのだろうか。

チャイナ海警の船が毎日のように尖閣諸島沖に侵入しても
それはそれ、これはこれということなのだろうか。

こうした状況の中での防衛協力会合に
韓国とチャイナを招くことは、
アジア太平洋地域の他の海軍幹部たちに
不信感を持たれるのではないか。

チャイナはここ6年間も参加して
いなかったのである。

僕には仮想敵国と何のための防衛交流なのか、
意味が分かりません。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

2019年2月19日 (火)

チャイナは病原菌の宝庫


『中国の大手食品メーカー「三全食品(Sanquan Food)」は18日、
自社製品の冷凍ギョーザからアフリカ豚コレラのウイルスが
検出されたと発表した。
豚肉の消費量・生産量で世界1位の中国では昨年8月、
初めてアフリカ豚コレラの発生が確認された。
それ以降、感染拡大を阻止しようと当局が必死で対応に当たっており、
豚数十万頭が殺処分されたほか、
感染が確認された地域から豚を移動することを
制限する措置も取られている。(後略)』
(Livedoor NEWS 2019年2月18日 20時18分)

チャイナからの人・モノの流入を制限すべきだ。

国内で流行している豚コレラの感染源も
まったくわかっておらず、
海外から入ってきたものによるウイルス感染が
疑われている。

以前、日本ではほとんど絶滅状態だった梅毒が
爆発的に増加したことがあったが、
今また「はしか」が流行している。

これらも感染源は特定されていないが、
国内では排除状態にあった「はしか」が
関西空港で集団感染した事例からも、
輸入感染の可能性が高い。

要は海外から感染症がどんどん入り込み、
日本国内で流行しているわけだ。

日本では絶滅し、
もうワクチン接種も行われなくなった感染症が、
海外からの人・モノによって輸入され、
爆発的に感染拡大する。

チェックが万全であれば安心だが、
そうではないから感染症が輸入されて
いるのだろう。

人・モノの流入を制限するしか
感染症を防ぐ方法はない。

厳しい見方をすれば、
わざと日本に感染症のウイルスを
拡散することも可能なのだ。

豚コレラや梅毒、はしかの流行を機に
日本の防疫体制を
根本から見直す必要がある。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング


«反論の必要はないらしい