フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 都議選の結果について | トップページ | 安倍首相の問責決議案が可決 »

2013年6月25日 (火)

日本維新の会の迷走


民主党から来た人も、自民党やみんなの党から来た人も、
太陽の党から来た人も、困っているでしょうね。

橋下の人気にあやかって選挙に勝ち、
あわよくば政権の中枢に潜り込もうと思っていたのに、
橋下の反日的慰安婦発言によってすべてがパーになった。

それ以上に、あの発言で橋下の本性が明らかになってしまった。
石原さんも、平沼さんも、とても一緒にやっていける相手では
なかったわけです。

参院選が終わったら空中分解することは間違いないでしょうが、
目を合わせないようにして選挙まで突入するんでしょうね。

それにしても橋下は、息をするように嘘をつく。
「都議選に負けたら責任をとらなくてはいけない」という発言は、
いくらなんでもみんな覚えていますよ。

慰安婦問題にしたって、敗戦国だから侵略を認めよだとか、
どこの国も女性を活用しただとか、ホロコーストと同じだとか、
とても元弁護士とは思えない非論理的な理屈をこねまわし、
結局は韓国を利して、日本のイメージを貶めた。

一日本人としてさえ問題のある人間を、
市長や党首(一時は総理候補とさえ呼ばれた)にしてしまった責任は
重大だと思います。

« 都議選の結果について | トップページ | 安倍首相の問責決議案が可決 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本維新の会の迷走:

« 都議選の結果について | トップページ | 安倍首相の問責決議案が可決 »