フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 「左翼のクソども」の意味するところ | トップページ | 石原慎太郎が橋下市長に三下り半 »

2013年6月18日 (火)

韓国が日本との関係改善の意向示す

韓国の尹炳世外相は18日、国会で、歴史問題などで悪化している
日韓関係に関し「このような状態でいつまでも限りなく行かなければならない
とは思わない」と述べ、日米韓など多国間対話の枠組みを通じて、
関係改善を図りたい意向を示した。
http://www.hoshusokuhou.com/archives/28541169.html

まあ、通貨スワップの期限が迫ってきたので、それを延長したら、
また手のひらを返したように日本批判をはじめるのでしょうね。

通貨スワップとは、各国の中央銀行が互いに協定を結び、
自国の通貨危機の際、自国通貨の預入や債券の担保等と引き換えに
一定のレートで相手国の通貨を融通しあうことを定める協定のこと。

韓国の経済的信用などは、ふけば飛ぶような脆弱なもので、
それを補完してきたのが日韓通貨スワップなのだ。

にもかかわらずこの国は、日本が望むなら通貨スワップを
延長してやってもよいという態度をとり続けてきたのである。

本来、日本はもっと毅然とした態度をとるべきなのだ。
慰安婦問題など世界中に嘘を振り撒くのをやめない限り
通貨スワップを延長しないと明言すべきなのである。

また、何の条件も付けずに通貨スワップを
延長してしまうのでしょうか。

そんなことをしたら、お人好し変態マゾヒスト国家として、
世界中の物笑いの種になるだけだと思います。

« 「左翼のクソども」の意味するところ | トップページ | 石原慎太郎が橋下市長に三下り半 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国が日本との関係改善の意向示す:

« 「左翼のクソども」の意味するところ | トップページ | 石原慎太郎が橋下市長に三下り半 »