フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本人対反日左翼の戦い | トップページ | 自民大勝も単独過半数に届かず »

2013年7月21日 (日)

関口宏の選挙違反

公職選挙法では、「選挙運動は、選挙の公示・告示日から
選挙期日の前日までしかすることができない(公職選挙法第129条)」
と定められています。

つまり、選挙当日は選挙運動が禁じられている訳です。

ところが、関口宏は反日左翼番組「サンデーモーニング」において、
選挙当日に「ねじれがあった方がいい」と発言してしまいました。
「ねじれがあった方がいい」は、「与党には投票するな」と同義です。

これは、今ネットでも問題として取り上げられていますが、
うっかり口が滑ったでは済まない問題です。

TBSからは、いいかげんに放送免許を取り上げるべきでしょう。

放送法3条には「政治的に公平であること」が定められています。
ところが、TBS及びサンデーモーニング及び関口宏には
そのルールを守れないというか、守る気すらない訳です。

これが初めてではありませんし、彼らは確信犯です。

さて、8時になって選挙速報が始まりました。
TBSには選挙違反の関口宏が毎日新聞の岸井と一緒に出ています。
さすがにこの放送局はもうどうしようもありませんね。

残念ながら、自民党は圧勝ですが単独過半数には届かないようです。
これからも公明党に足を引っ張り続けられるのでしょうか?

元「たちあがれ日本」と連携して過半数には届かないですかね。
明日からの政局に注目です。

« 日本人対反日左翼の戦い | トップページ | 自民大勝も単独過半数に届かず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関口宏の選挙違反:

« 日本人対反日左翼の戦い | トップページ | 自民大勝も単独過半数に届かず »