フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 関口宏の選挙違反 | トップページ | 増税必ずしも成長阻害せず?? »

2013年7月22日 (月)

自民大勝も単独過半数に届かず

第23回参議院選挙が終わりました。
反日マスコミが選挙報道を極端に控えたために、
投票率は52.61%と戦後3番目の低さとなったようです。

しかしながら、そうした組織政党に有利な低投票率にあっても
自民65、公明11、民主17、みんな8、共産8、社民1、維新8、諸派・無所属3
と自民党の大勝利に終わりました。

生活・みどりは議席を獲得できず、
社民とともに政治の表舞台から消えていくことでしょう。
小澤一郎も大好きな韓国へ帰って、
新たな一歩を踏み出してもらいたいですね。

また、宮城県の岡崎トミ子が落選したのも良かったですね。
この売国奴にも、韓国での新たな生活が待っているでしょう。

残念だったのは、東京で山本太郎が、自民の比例でワタミが
当選してしまったことです。

10円ハゲの山本太郎は、今後もテレビなどに出て、
根拠のないデマを吐き続けることでしょう。
なにせ、応援しているのが極左暴力集団の中核派なので、
何をしでかすかわかりません。

自民比例のワタミを公認したのは
選対委員長の川村建夫らしいですね。

大勝した自民党ですが、自民党の中にも
安倍総理の足を引っ張ろうとする勢力は存在します。

これからは、いかにして安倍総理に正しい政策を実行してもらうか。
それを私たちはしっかりと監視しなくてはいけません。

間違った方向に行こうとしたら、電話やメールで徹底的に
訴えるべきです。

ムダと思われるようなことでも、
とにかく行動に移してみましょう。

「日本をとりもどす」
今日からその戦いが始まります。

« 関口宏の選挙違反 | トップページ | 増税必ずしも成長阻害せず?? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民大勝も単独過半数に届かず:

« 関口宏の選挙違反 | トップページ | 増税必ずしも成長阻害せず?? »