フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本デフレ化計画 | トップページ | 広島・長崎の平和式典をイスラエル高官が批判 »

2013年8月15日 (木)

閣僚3名が靖国参拝


終戦記念日の15日、靖国神社に参拝したのは
稲田朋美行政改革担当相、新藤義孝総務相、古屋圭司国家公安委員長の3名だった。
安倍晋三首相は参拝を見送る代わりに、
自民党総裁として代理人を通じて私費で玉串料を奉納した。
中国や韓国はA級戦犯が合祀されている靖国への閣僚参拝に反発しているという。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/yasukuni/

世界広しといえど、ここまで内政干渉される国は日本くらいではないか?
日本を守るために戦って戦死した英霊を参拝するのに、
他国の了解などいる訳がない。

捏造された歴史を教え、反日教育をしている中国や韓国こそ非難されるべきなのに、
日本の国内問題ばかりが騒がれ、安倍首相の全国戦没者追悼式の式辞にまで
文句がつけられる。

安倍首相はこれからも難しい舵取りが要求されるのだろう。
些細なことで批判を強めるのではなく、
日本を取り戻す闘いを見守りたいと思います。

« 日本デフレ化計画 | トップページ | 広島・長崎の平和式典をイスラエル高官が批判 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閣僚3名が靖国参拝:

« 日本デフレ化計画 | トップページ | 広島・長崎の平和式典をイスラエル高官が批判 »