フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« アベノミクスつぶし | トップページ | 相手にしない賢さ »

2013年8月 1日 (木)

麻生発言と反日左翼

政治家は必ずしも話し上手ではない。
今回の麻生発言は、そのことを強く印象づけられたケースだ。

「ナチスの憲法改正、手口学んだら」という
反日左翼「朝日新聞」の悪意に満ちた捏造記事は、
麻生副総理の発言をそのまま引用したものだ。

しかしながら、よく読めば(演説をその場で聞いていたら)、
おそらく内容は全く逆であることがわかるだろう。

麻生副総理は、まず「憲法改正を喧噪のなかでやるべきではない」と言い、
「ナチスドイツでは、(喧噪のなかで憲法改正をやったから)
ワイマール憲法という当時最も進んだ憲法が、誰も気づかないうちに
ナチス憲法に変わっていた。」

だから、「こうしたナチスドイツ(の失敗)に学んで
日本の憲法改正は(喧噪のなかではなく静かに)やるべきだ。」
というのが演説の趣旨である。

ところが、これを聞いた反日左翼の「朝日新聞」は、
餌を見つけた野良犬のごとく尻尾を千切れんばかりに振りながら、
この餌を見事に料理して見せたのだ。

つまり、演説の書き起こし原文をほとんどそのまま載せながら、
「ナチスドイツの手口に学んで、誰も気づかないうちに憲法改正をやってしまえ」
という趣旨の話に作り変えてしまったのである。

本当にひどい話で、これにより日本のイメージがどれほど傷つけられるだろう。
中韓は早くもこれを引用する形で、日本の右傾化に警鐘を鳴らし、
米国のユダヤ系人権団体も抗議しているという。

朝日新聞・毎日新聞・NHKなどの反日左翼マスコミは、
もう放置できないところまで来ているのではないでしょうか?

« アベノミクスつぶし | トップページ | 相手にしない賢さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生発言と反日左翼:

« アベノミクスつぶし | トップページ | 相手にしない賢さ »