フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« みずほ銀行に業務改善命令 | トップページ | ヘイトスピーチ批判に対して »

2013年9月28日 (土)

消費税増税の行方


安倍総理が、経済指標を総合的に判断し
消費税を8%に上げるか否かを10月上旬に決断する
と言っているにもかかわらず、
もうマスコミ報道では増税は既定路線となっている。

8%の増税決断を、10月1日6時から記者会見で
発表すると報じたところもある。

こうした状況の中で、ぜひ安倍総理には
「日本はまだデフレから脱却しておらず、
消費税増税は延期します」と言ってもらいたい。

その可能性はゼロではないと思う。

なぜならデフレ脱却が今多くの日本国民が望んでいることで、
安倍総理が増税延期を決断することで、
安倍総理への支持がさらに高まることは間違いないからだ。

マスコミ報道だけ見ていると、自民党をはじめとする政治家たちが
何を考えているかはわかりにくい。

とにかく財務省の井上康司事務次官の指示で
マスコミが安倍総理決断の嘘を何度も報じている
という噂だけがネット上を駆け巡っている。

マスコミ報道がまったく信じられないという状況の中で、
私たちは当事者の声に耳を澄まさなければならない。

安倍総理は、増税の結果責任は自分にあると言っている。
また、税収が増えなければ増税をする意味はないとも。
さらに企業の投資を促進するための投資減税にも言及している。

そうした中で、消費税増税については
10月に決断すると言うこと以外、何も言ってはいないのだ。

週が明ければすぐに10月だ。
10月1日6時から安倍総理が記者会見を行わなかったら
時事通信はどう責任をとるつもりだろう。

責任などとるわけがない。
彼らは嘘ばかりついているのだから…。

そんなマスコミの言うことに、
なぜ私たちは右往左往しているのでしょう?

安倍総理の決断を待っていればいいだけの話です。

« みずほ銀行に業務改善命令 | トップページ | ヘイトスピーチ批判に対して »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税増税の行方:

« みずほ銀行に業務改善命令 | トップページ | ヘイトスピーチ批判に対して »