フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 2020年夏季五輪東京に決定 | トップページ | トルコの女子大生襲撃 »

2013年9月 9日 (月)

トルコからの祝福


2020年夏の東京でのオリンピック、パラリンピックの開催が8日早朝に決まり、
日本列島は歓喜に包まれた。この開催をめぐりスペインとともに“ライバル”となった
トルコの人々の行動がネット上で感動を呼んでいる。
ツイッターでも決定後多くの日本人が喜びの言葉を上げ感動を分かち合ったが、
世界のトレンドワードには“Tebrikler Tokyo”との言葉が入ったのだ。
意味はトルコ語で「おめでとう東京」。トルコの人々からの日本への祝福だ。
トルコ語で「トルコは日本の友人です」との言葉や
日本語による「東京おめでとう」との祝福も見られた。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/social_networking/

日本が開催国に決まったこともうれしいけれど、
こうした祝福は感動しますね。

アルゼンチンの会場でも東京が開催地に選ばれた直後に、
トルコのエルドアン首相が安倍晋三首相に駆け寄り、
抱擁し祝意を示したという。

これは、安倍首相が猪瀬知事のイスラム発言の後トルコを訪問した時に、
「どちらが選ばれても真っ先に祝福しましょう」と呼びかけたことに応えたものだ。

安倍外交の成果ともいえるが、このように宗教や文化を超えて
他国と信頼関係を築けるのは日本の大きな特徴と言えるでしょう。

大東亜戦争に敗れるまで、日本がアジア各地に進行した時、
欧米のようにその地の人々の尊厳を踏みにじることがなかった。
そうした歴史をアジア各国は覚えてくれているのです。

五輪招致で激しく闘った後にもかかわらず、
イスラム圏のトルコ人が「トルコは日本の友人です」と言ってくれるのも、
すべては今の日本人ではなく、私たちの先人のおかげなのだと思います。

« 2020年夏季五輪東京に決定 | トップページ | トルコの女子大生襲撃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルコからの祝福:

« 2020年夏季五輪東京に決定 | トップページ | トルコの女子大生襲撃 »