フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 亀田三兄弟の同時世界王者について | トップページ | 韓国は日本産食品の全面禁止へ »

2013年9月 4日 (水)

婚外子相続格差は違憲

結婚していない男女の間に生まれた子(婚外子)の遺産相続分を
結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分とした民法の規定が、
法の下の平等を定めた憲法に違反するかが争われた家事審判の特別抗告審の決定で、
最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は4日、規定を違憲とする初判断を示した。
相続規定は明治時代から引き継がれてきたが、
「婚外子への差別だ」とする国内外からの批判が高まっている。
最高裁が違憲と判断したことで、国会は法改正を迫られる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130904-00000073-jij-soci

こういう判決を見ると、最高裁判所って何なのかと考えてしまう。

1、 2審では合憲と判断されたのに、最高裁では裁判官14人全員が
違憲と判断したという。
この1,2審と最高裁の判断の違いは何なのだろう。
「差別だ」と言えば何でも通してしまう左翼的思想に凝り固まった
裁判官の判断には空恐ろしいものを感じる。

では、そもそも「結婚」とは何なのだ。「家族」とは何なのだ。
夫の遺産とは、妻や家族の協力のもとに作り上げられたものではないのか?
その遺産を、不倫だか何だか知らないが、他の女の子供が
半分でも不服として、全く平等に相続しようというのは
あまりに強欲だと思う。

遺産を平等にと訴えた婚外子側というのは,本当にまともな日本人なのだろうか。
「差別だ」「差別だ」と騒ぎ立て、日本の国柄をおかしな方向へ誘導しようとする勢力が
日本の裁判制度まで捻じ曲げているとしか、僕には考えられない。

« 亀田三兄弟の同時世界王者について | トップページ | 韓国は日本産食品の全面禁止へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 婚外子相続格差は違憲:

« 亀田三兄弟の同時世界王者について | トップページ | 韓国は日本産食品の全面禁止へ »