フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 婚外子相続差別「違憲」判決の問題点 | トップページ | 東京五輪の行方 »

2013年9月 6日 (金)

日本人はなぜすばらしいか

日本人は、韓国人や中国人のように嘘をつかない。
他国の非難ばかりしていない。
アメリカのように力で他国を押さえつけようとしないし、
人種差別も少ない。犯罪も少ない。
日本という国は世界中で最も住みやすい国のひとつだろう。

日本という国がすばらしいのは、
日本人一人ひとりの人間性がすばらしいからだと思う。

では、何故日本人はこうした人間性を身に付けることが
できたのでしょう。

この理由を、「ねずさんのひとりごと」というブログの
「院政のお話」を読んで、よくわかりました。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2000.html

日本は天皇をいただく国家です。
しかしながら、天皇陛下は直接政治権力をふるいません。
政治を行うのが貴族であろうと、武士であろうと、
常にその最高位に天皇がおわし、民を統治する権力者に
権威を授けています。

そして、民は「天皇の民」とされています。
日本では民のことを「おおみたから」と呼び、
それは「天皇の宝物」という意味です。

諸外国では、国王や皇帝、豪族にとって民衆は私物です。
だから、煮て食おうが、焼いて食おうが、誰かに売り飛ばそうが、
権力者の自由です。

しかしながら、日本ではそうした不幸なことは起き得なかった。
それは、民衆が「天皇の民」だったからです。
権力者であろうとも、「天皇の民」を売りとばすことなどできません。

そうして日本人には、世界に稀なる性善説の心が育まれました。
人を信じる心、正直に生きていれば必ず幸せになれるという
世の中に対する信頼が生まれたのだと思います。

これは、天皇をいただく日本だから起こりえた
奇跡だといえるでしょう。

中国や韓国は、裏切りと虐殺の歴史です。
民衆は常に蹂躙され、権力者から大切にされるなど
考えられないことだったでしょう。
これは、いまの中国や韓国を見ても明らかです。

日本も反日左翼やグローバリズムを信奉する勢力により、
このすばらしい国柄を破壊されつつあります。

勤勉で、道徳心に富み、助け合いながらみんなの幸せを考える、
かけがえのない日本人の心を、私たちは次の世代へ引き継いで
いかなくてはならないと強く思います。

みなさんもぜひ一度、「ねずさんのひとりごと」の
「院政のお話」を読んでみてください。

« 婚外子相続差別「違憲」判決の問題点 | トップページ | 東京五輪の行方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人はなぜすばらしいか:

« 婚外子相続差別「違憲」判決の問題点 | トップページ | 東京五輪の行方 »