フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 増える中国・韓国人旅行者 | トップページ | 日本の反日教育 »

2013年10月13日 (日)

NHKの大河ドラマ

NHKで日曜夜8時からやっている大河ドラマを
見ている人は多いのでしょうね。

僕はある時期から、バカバカしくて見なくなったのだけれど、
今日はご飯を食べながら久しぶりにチャンネルを合わせた。

そうすると、相変わらず日本を貶めようという
反日的なドラマづくりがなされていた。

「龍馬伝」で岩崎弥太郎が異常に汚く描かれたあたりから
そうした傾向を強く感じるようになったのだけれど、
「平清盛」の煤けた画面のイメージや天皇に対する侮辱的な表現など、
日本人への反日的印象操作はエスカレートしている。

「八重の桜」では、明治維新の立役者となった薩長政府軍が
悪人のごとく描かれ、また日本を誤った方向へ導くために
つねに天皇陛下が利用されているような、印象操作がなされている。

日本人の多くが見るNHKの大河ドラマを
反日勢力が制作しているのだから本当に恐ろしい限りだ。

こうして日本人に誤った歴史認識が埋め込まれていくことに
僕たちは危機感を持たなければいけないと思います。

« 増える中国・韓国人旅行者 | トップページ | 日本の反日教育 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKの大河ドラマ:

« 増える中国・韓国人旅行者 | トップページ | 日本の反日教育 »