フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 効率万能主義からの転換 | トップページ | 安倍総理の評価 »

2013年10月24日 (木)

在韓被爆者に医療費支給認める初判断

海外に住んでいることを理由に被爆者援護法に基づく医療費を
支給しないのは違法として、韓国在住の在外被爆者ら3人が大阪府と国を相手に
支給申請の却下処分取り消しなどを求めた訴訟の判決で、
大阪地裁は24日、府の処分を取り消し、医療費支給を認めた。
読売新聞(2013年10月24日21時30分)

アメリカが落とした原爆で被災した韓国に住む韓国人に、
なぜ日本が医療費を支給しなければいけないのだろう?

しかも体内被曝した67歳と、被爆後帰国したそれ以上の年配の人間が
心不全や肝がんの治療を受けたからと言って
その原因が被爆によるものだと、どうして特定できたのだろう?

広島や長崎で被爆したにもかかわらず、
なぜ大阪地裁で裁判が行なわれているのだろう?

一人20万~70万の医療費だったと言うが、
支払いが決定したら我も我もとやってくるんでしょう。

在外被爆者は4,000人以上いるという。
本当に困ったものです。

« 効率万能主義からの転換 | トップページ | 安倍総理の評価 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在韓被爆者に医療費支給認める初判断:

« 効率万能主義からの転換 | トップページ | 安倍総理の評価 »