フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 問題の中の問題 | トップページ | 不思議な人々 »

2013年10月16日 (水)

高度人材外国人受入れ条件緩和に反対しましょう


高度人材外国人って何ですか?
っていう感じですが、

これまでは、
1.当人の日本企業からの年収が1500万以上
2. 在留期間1年未満の場合は除くと表示
3. 滞留できるのが実父母のみ
だったのが、

1.夫婦の世帯収入で1000万以上、外国企業からの報酬含む
2.削除
3.場合により、実父母以外も滞在可能
に緩和されるのだという。

これに関して現在、法務省でパブリックコメントを募集しており、
僕も大反対の意見を送っておいた。

だいたい、日本から優秀な人材が海外に流出するのを放置して
なぜ外国人の受け入れをすすめるのだ。

来るのは中国や韓国の反日思想に染まった輩に決まっているし、
実父母以外も可能となると、劣悪な中国や韓国の環境を嫌って、
続々と快適な日本にやってくるだろう。

まともな就職先のない日本人の職場が奪われるだけでなく、
日本人を狙ったレイプや殺人事件、神社などへの放火が激増するだろう。

外国人を優遇する日本人差別はいい加減にしてほしい。

日本人は大学での奨学金返済に青息吐息なのに、
中国や韓国の留学生には日本の学生より遙かに高額の
返済不要の奨学金が税金から支払われている。

高度人材外国人などよりも、
まず日本人の失業者を何とかしてほしいと思います。

« 問題の中の問題 | トップページ | 不思議な人々 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高度人材外国人受入れ条件緩和に反対しましょう:

« 問題の中の問題 | トップページ | 不思議な人々 »