フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 「在特会」に有罪判決 | トップページ | 「みのもんた」事件について »

2013年10月 8日 (火)

駅の中国語・ハングル表記

東京では、ほとんどの駅で中国語・ハングル表記が
されるようになってしまった。
在日ではなく、中国・韓国からの留学生・移住者も
増えているようだ。

彼らが反日であるということに対する危機感は
全くないのだろうか。

中国人は日本の土地、特に水源となる土地を
大量に買っているらしい。

沖縄でも土地は買われており、
私たちの税金で中国人をお迎えする
中国風の龍の門が建てられると話題になっている。

北海道では、中国語だけが書かれた
案内看板が存在するらしい。
日本語は書かれていないそうだ。

こうした看板が、有事の際には中国軍を招き入れる
道しるべとなる。

尖閣問題だけではなくて
日本は少しずつ外国の侵略を受けているのだ。

マスコミがまったく報道しないので
危機感は高まらないけれど、
国内の安全は脅かされている。

日本の若い女性や子供に対する
レイプや殺人事件は頻発しているのだ。

いい加減に目を覚まさないと、
いつの日か日本は、かつての日本ではなくなって
しまっているだろう。

« 「在特会」に有罪判決 | トップページ | 「みのもんた」事件について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅の中国語・ハングル表記:

« 「在特会」に有罪判決 | トップページ | 「みのもんた」事件について »