フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本は神の国 | トップページ | 効率万能主義からの転換 »

2013年10月22日 (火)

核兵器不使用に賛同


「国連の核兵器不使用の声明に日本が初めて賛同した」
と報道ステーションの古館が嬉しそうにしゃべっていた。

「唯一の被爆国である日本が核廃絶に向けて努力するべき」
と何ら実現性のない無意味な話を、例の薄ら笑いを浮かべながら
得意げに話していた。

この国連の共同声明に、核保有国は一国も参加していない。
核を持たない国が集まって核不使用を決議して、
一体何の意味があるかと思うだろうが、
古館の薄ら笑いにまったく意味がない訳ではない。

これによって、日本が核兵器を保有する可能性が、
多少なりとも減少するからだ。
核保有という話題を出しにくくなるということで…

日本は核兵器を持つべきだし、
世界が日本人は当然そう考えるだろうと思っている。

今のままでは中国や北朝鮮の脅威から
自国を守ることができないためだ。

日本に核爆弾が落とされた場合、
アメリカが報復してくれる可能性はほとんどない。
アメリカが日本のために自国民を危険にさらすことなど
まずありえないからだ。

しかしながら、日本では古館をはじめとする反日マスコミが
大嫌いな日本の国力を弱めたいため、
核保有などは話題にすらさせない。

核保有反対も、武器禁輸三原則も、反原発も、憲法改正反対も、
消費税増税も、デフレの推進も、TPPへの参加も、
すべては日本の国力を弱めるためのもので、
いずれは日本が極東の小国となり、
中国や韓国、アメリカに蹂躙されるための工作なのだ。

そうなってから気づいても遅いのだよ。

« 日本は神の国 | トップページ | 効率万能主義からの転換 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 核兵器不使用に賛同:

« 日本は神の国 | トップページ | 効率万能主義からの転換 »