フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 安倍総理について② | トップページ | 慰安婦の嘘 »

2013年10月19日 (土)

保守政治はどこへ

平成22年暮れに行なわれた
稲田朋美の「私は日本を守りたい」出版記念パーティを
YouTubeで見ていた。

この時の稲田朋美の挨拶は、
胸が熱くなるような感動的なものだ。

戦後レジームから脱却し、
日本人としての誇りを取り戻し、
世界中から信頼され、尊敬を集める
日本にしていきたいという言葉は、
すべての保守層が願っていることだろう。

安倍総理や麻生副総理もお祝いに駆けつけ
祝辞を述べていたのだが、
この人たちが政権に返り咲けば、
必ずや日本を復活させてくれると
期待を抱かせるシーンが続いた。

そして、安倍政権となり、麻生さんも副総理となり、
稲田さんも入閣し、理想的な政権が誕生したと
多くの人が喝采した。

それが、なぜこんなことになっているのだろう…

「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」という
安倍総理の言葉は、やはり受入れることができない。

「日本を守る」「日本を取り戻す」
安倍総理は日本にこそこだわっていたのではなかったか。

グローバリズムの対極にある「美しい国日本」を
もう一度、思い出してもらいたいのだけれど…。

« 安倍総理について② | トップページ | 慰安婦の嘘 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保守政治はどこへ:

« 安倍総理について② | トップページ | 慰安婦の嘘 »