フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本はなぜ鎖国をしたか? | トップページ | 愚かな国 »

2013年11月15日 (金)

生野2人死傷事件が不起訴に

大阪市生野区で5月、男女2人が刺され重傷を負った事件で、
大阪地検は14日、殺人未遂容疑で逮捕された韓国籍の無職の男(31)について、
精神鑑定の結果、心神喪失により刑事責任能力は認められないとして不起訴処分とした。
大阪地裁は同日、心神喪失者等医療観察法に基づき、鑑定入院命令を出した。
男は5月22日早朝、生野区新今里の自宅マンションや近くの路上で、
新聞配達員の男性(61)とビル清掃員の女性(63)を相次ぎ刺した疑いが持たれていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131114-00000151-jij-soci 

何とも不可解な不起訴処分だ。
犯人は在日韓国・朝鮮人が多く住む大阪生野区で
「生粋の日本人か?」と確認してから2人を相次いで刺した。

この犯行を見る限り、この男が不起訴処分となるような
心神喪失者だとは思えない。

この事件は、日本人が2人も殺害目的で刺されたにもかかわらず、
マスコミはほとんど報道しなかった。
名前は本名も通名もともにネット上で明らかにされているが、
顔写真は明かされていないので、新たな通名に変えてしまえば、
もう誰にもわからなくなる。

被害者が亡くなっていれば殺人犯なのだ。

こんな男を大阪地裁のいい加減な判断で、
野放しにしてしまうのは恐ろしい限りだ。
鑑定入院など、ほとんど拘束力はないらしい。

在日韓国・朝鮮人の犯罪は、よほど大きな事件にならない限り、
捕まりさえしない傾向にある。

尼崎の角田美代子の一件を持ち出すまでもなく、
なぜ、あそこに行きつくまでに捕まらなかったのかが
非常に不思議だ。

しかも、裁判で不起訴となってしまうようでは、
在日犯罪を止めることはできないし、
彼らに恫喝されたら、日本人は逆らえなくなる。

このままでは、関西には恐ろしくて
誰も住まなくなってしまうのではないでしょうか…?

« 日本はなぜ鎖国をしたか? | トップページ | 愚かな国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生野2人死傷事件が不起訴に:

« 日本はなぜ鎖国をしたか? | トップページ | 愚かな国 »