フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 愚かな国 | トップページ | 「やくみつる」は国外追放すべし »

2013年11月17日 (日)

小泉純一郎とは何者か?


最近、報道ステーションをはじめ、サンデーモーニングでも
報道ステーションサンデーでも、小泉純一郎の原発ゼロ発言を
大きく取り上げていた。

原発反対派の反日勢力は大喜びなのだが、
自由民主党で総理大臣の時代は原発を推進していたのに
なぜ今頃になって、原発反対に回ったのか?
最近は、今すぐ原発をゼロにしろとさえ言っている。

日本で反原発を叫んでいるのは反日左翼、韓国・朝鮮、中国、
そして、表立っては言わないが、アメリカだろう。

原発を停止すれば、電気料金が上がる。
すると電気を使って製造する製品価格が高くなる。国際競争力が落ちる。
日本の工場は海外に出て行く。日本の強みが失われ、貿易赤字になる。
しかも、増税が決まっている。デフレが続く。さらに投資が減る。
そして、日本の国際競争力はどんどん落ちていき、
これが続くと日本の国力は発展途上国並みになっていくのだ。

これこそが、韓国・朝鮮、中国、アメリカの望んでいることで、
そうした上で、日本人を奴隷化しようとしているのだろう。

で、表題に戻るのだが、小泉純一郎とは何者なのだろう?

総理時代から、竹中平蔵とともに、アメリカの言う通りの政治を
行なっており、いま思えばきわめて反日的な政治家だった。
言動も何かエキセントリックなところがある人物だとは
思っていたが、突然、反原発を叫び、日本を窮地に陥れようとする
ところは、とても日本人とは思えない。

祖父の時代から政治家らしいが、その娘婿が純一郎の父親で、
その父親が曰くありげな人物だという。

まあ、詳しくはネットで調べてもらうこととして、
どこの馬の骨ともわからない過去の政治家の言動を
気にする必要はあるまい。

まず、いまさら原発をゼロにしたところで、
使用済み核燃料は日本中に大量に存在しており、
その処分場はいずれ決めなくてはならない。

最終処分場がないから原発をゼロにしろと言う小泉の主張は、
最初から論理的に破綻しているのです。

« 愚かな国 | トップページ | 「やくみつる」は国外追放すべし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉純一郎とは何者か?:

« 愚かな国 | トップページ | 「やくみつる」は国外追放すべし »