フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« マスメディアが奪う知る権利 | トップページ | 格付け会社を格付けする »

2013年11月28日 (木)

一般人と特定秘密保護法案

昨日に続いて「特定秘密保護法案」の話です。

マスメディアは、これからも日本の機密情報を
外国へ洩らし続けるために、この法案を廃案に持ち込むべく
涙ぐましい努力を続けています。

そんな中に、この法案が可決されると、
一般人が罪に問われるケースが増えるということを
さまざまな例を挙げて報道しています。

つまり、この法案は罪もない一般人を犯罪者に仕立て上げる
恐ろしい法律であるといいたいのでしょう。

国家機密を漏えいすれば一般人でも罪に問われる。
これはむしろ当たり前のことではないのでしょうか?

いま自衛隊員が非常に結婚難で、中国人の奥さんを迎える例が
増えているという事実があります。

たとえば、この中国人妻がスパイだったらどうでしょう。
(基本的に中国人がなぜ自衛隊員と結婚したがるのだろう)
国防上の国家機密がこの中国人妻を通じて中国へ漏洩する可能性は
非常に高いと思われ、そうしたことは今後激増することが
予想されているわけです。

自衛隊や政治家の家族など、特定秘密に触れる可能性のある人が
秘密を漏洩しないように気をつけるのは当然で、
それは義務であると僕は思いますが、
その法律を何か無実の犯罪人を作るような恐ろしいものと騒ぎ立てる
マスメディアとは一体何なのでしょう?

マスメディアの経営陣は、基本的に日本人ではないと
考えた方がいいと思います。

彼らは、これまで通り、日本の機密情報を自分たちの母国へ
報告したくて仕方がないのです。

この法案に必死になって反対する人々の顔をよく覚えておくべきです。
そして彼らが日ごろどのような意見を述べているかを重ね合わせれば、
彼らの正体がよくわかると思います。

いつまでもマスメディアなどを信じていてはいけません。
何が正しいのか、自分の頭で考えましょう。


« マスメディアが奪う知る権利 | トップページ | 格付け会社を格付けする »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一般人と特定秘密保護法案:

« マスメディアが奪う知る権利 | トップページ | 格付け会社を格付けする »