フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« TBS報道特集の愚かしさ | トップページ | 車エビと芝エビの立場 »

2013年11月10日 (日)

食材偽装の事実


最近のデパートやホテルでの食材偽装について、
そのほとんどがエビの名称についてだった。

彼らが一様に語っていたのは、
小さなエビは芝エビ、大きなエビを車エビと呼ぶ
習慣があったという。

おそらく、それは日本の食品業界では常識化しており、
彼らは偽装をしているという意識は全くなかったのではないか?

では、なぜ彼らは一斉にその事実をカミングアウトしたのだろう?

これは、何らかの組織が、その偽装問題を指摘し、
恐喝的な行為があったことが想像される。

デパートや一流ホテルでこうした習慣があったとすれば
国内の大多数の中華料理店・レストラン・日本料理店で
こうしたことは行なわれているはずだ。

このこととイオンの偽装米問題とは、同じ点と異なる点がある。
同じなのは、どちらも事実関係で虚偽があるということ。
異なる点は、エビ問題は一般的にそうした呼称の習慣があったということと、
中国米のカドミウムのような危険性が少ないという点だ。

イオンの偽装米問題は、なぜかあまりマスコミで取り上げられなかったが、
今回のデパートや一流ホテルの偽装問題は、マスコミで必要以上に大きく
取り上げられた。

反日TBSの「サンデーモーニング」で関口宏が涎を垂らしそうな表情で
この問題を取り上げていた。

「日本人の民度も落ちたものだ」というニュアンスの意見を、
反日コメンテーターたちが声をそろえて話していたけど
おまえたちに言われる筋合いはない。

誰が、何の目的で、今回の食品偽装を仕掛けたのか、
バカバカしくも、簡単な話です。


« TBS報道特集の愚かしさ | トップページ | 車エビと芝エビの立場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食材偽装の事実:

« TBS報道特集の愚かしさ | トップページ | 車エビと芝エビの立場 »