フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本人のまともな反応 | トップページ | どこの国の歌合戦? »

2013年12月30日 (月)

熱海でもハングル

久しぶりに熱海に行ったのだけれど、
ホテルのエレベータをはじめ、ほとんどの案内表示が
日本語・英語・中国語・韓国語になっていた。

熱海にも、中国や韓国の観光客が来るのだろうか?

JRをはじめ、公共交通機関の表示は、
今やほとんど英語・中国語・韓国語表示になってきている。

公明党の太田国交大臣の通達でも出ているのだろうか?

考えてみると、自公連立になってから、
国土交通省の大臣は北側・冬柴など公明党が占めることが多かった。
それから在日政党の民主党政権が続き、また公明党の太田だ。

こうした親中韓大臣により、どこへ行っても中国語・ハングル表記が
溢れるようになってしまったのだろう。

反日の中国人や韓国人が、なぜ日本へ観光に来なければいけないのだ。
それに韓国人や中国人が団体で温泉地に来たら、
温泉の中で平気で子供にウ◯◯やオ◯◯◯をさせてしまうのではないか?

民度の低い反日国家とは一日も早く国交断絶してもらいたい。

中国人や韓国人が団体で温泉に入るところを想像すると
二度と温泉地に行く気がなくなってしまいます。


« 日本人のまともな反応 | トップページ | どこの国の歌合戦? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海でもハングル:

« 日本人のまともな反応 | トップページ | どこの国の歌合戦? »