フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 民主もマスメディアも必死 | トップページ | 何のための反対か? »

2013年12月 5日 (木)

「特定秘密保護法案」に反対する人々


昔見た光景ですね。

こうして日本にとって重要な法案が
ことごとく潰されてきたのでしょう。

ネットの情報がなければ、
いまもマスメディアと反日左翼+在日勢力との
共同パフォーマンスにより、
多くの日本人が騙されていたでしょう。

しかしながら、もうその手は通用しないと、
彼らも悟ることになるのでしょうね。

これを突破口として、日本は大きく変わる気がします。

まず、在日勢力が牛耳るNHKをはじめとするテレビ局も、
いまのままでは立ち行かなくなるでしょう。

とにかく見る側がすべてを知ってしまったのだから、
嘘を流し続ければ、嘘を流すテレビ局とみんなが認知します。

嘘を流すことができるのは、バレないのが前提ですから。

国会中継を見ていると
日本を守るための法律に帰化朝鮮人が
異議を唱えているわけです。

出自を隠して国会議員となった朝鮮人たちが
もう恥も外聞もなく必死に反対しているのは
滑稽ですらあります。


« 民主もマスメディアも必死 | トップページ | 何のための反対か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「特定秘密保護法案」に反対する人々:

« 民主もマスメディアも必死 | トップページ | 何のための反対か? »