フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« メディアの異常性 | トップページ | 尼崎中3男子監禁事件 »

2013年12月10日 (火)

江田憲司、離党の言い分

みんなの党の江田憲司前幹事長が15名の党員を
引き連れて離党することになりました。

会見で江田氏は、「我々が離党する理由はただ一点。結党の原点に戻る。
(野党の使命は)自民党に代わりうる政権交代可能な一大勢力を
作り上げていくこと」と述べ、具体的には「最近の自民党にすり寄り、
あわよくば与党化していく動き」を離党の理由としてあげています。

「自民党にすり寄る動き」というのは、「特定秘密保護法案」において
自民党へ協力姿勢を示したことを言っているのでしょう。

しかしながら、この法案には反対する方が不自然なのではないでしょうか。

基本的に「特定秘密保護法案」に反対しているのは
「民主党」「社民党」など、反日を国是とする帰化朝鮮人の政党や
反日を党是とする「共産党」だからです。

野党だから何でも反対する。野党だから政策も関係なく、
一致して反自民勢力を作らなければならない。

こうした動きを野合というのではないですか?

「特定秘密保護法案」は、多くの帰化朝鮮人が各省庁に入り込み、
国家機密を韓国や中国に流し続けていることを考えれば、
一刻も早く成立させなければならない法案でした。

この法案に反対する方がどうかしています。

維新の橋下や民主の細野などは、江田氏の行動に全面賛成する声を上げていますが、
ブームの去った橋本維新や次回の選挙で消えてなくなる民主党と組んで
どうしようというのでしょう。

江田憲司という政治家が、今後どのような働きをするのかわかりませんが、
今回の行動について見る限り、あまり期待できないように思います。

一時は次の総理候補ともてはやされた橋下は、いまは見る影もありません。
民主党で期待されている細野も、在日政党と知られてしまった今となっては、
日本で活躍するのは不可能でしょう。

健全な野党というのは、自民党が割れることでしか生まれてこないでしょうね。

自民党にも中国にシンパシーを感じている人はいるようなので、
早めに離党して、その正体を明らかにしてほしいものです。

« メディアの異常性 | トップページ | 尼崎中3男子監禁事件 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江田憲司、離党の言い分:

« メディアの異常性 | トップページ | 尼崎中3男子監禁事件 »