フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 迷惑な国 | トップページ | 猪瀬知事、辞職 »

2013年12月18日 (水)

日本の闇

ミスインターナショナルの吉松郁美さんが
芸能事務所の役員からストーカー行為を受け、
協賛企業に圧力をかけられたなどで、
12月17日の世界大会で王冠の引継ぎが
できなくなったのだという。

吉松さんは、芸能事務所の役員に拉致されそうになったり、
自殺した元アナウンサー「川田亜子さんのようにならないか心配」
などと脅迫されていたらしい。

このことを12月13日に東京・霞が関の司法記者クラブで
記者会見したのだが、記事にしたのは出身地の佐賀新聞のみで
大手マスメディアは全く記事にしなかった。

そこで彼女は東京・有楽町の日本外国特派員協会で
会見を開き、事の真相を話したのだが、
いま海外では大きなニュースになっているらしい。

この芸能事務所の役員は、川田亜子さんの自殺事件の時も
名前が挙がった人物で、当時から川田亜子さんとの
関係が取りざたされていた。

吉松郁美さんが「川田亜子さんのようにならないか心配」などと
脅迫されていることからも、川田亜子さんとの関係も噂通り
なのではないだろうか。

いま吉松さんは「つきまとい行為禁止」などの仮処分の申請を行い、
損害賠償請求も行っている。さらに、威力業務妨害で
刑事告訴も起こしているのだが、警察の反応は鈍いらしい。

しかも日本の大手マスメディアもすべてスルーとなると、
彼女はいったいどこに訴えればいいのだろう?

日本は治安のよい国と言われるが、
どこかにブラックホールのような穴が開いているようだ。

そこに入り込むと、マスメディアも警察も
相手にすらしてくれない。

このニュースは、かなり大きな広がりを見せているが、
このまま警察もマスメディアもスルーし続けるのでしょうか?

« 迷惑な国 | トップページ | 猪瀬知事、辞職 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の闇:

« 迷惑な国 | トップページ | 猪瀬知事、辞職 »