フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 軽減税率って必要? | トップページ | 日本・ASEAN特別首脳会議 »

2013年12月13日 (金)

北朝鮮の張氏処刑


北朝鮮は13日の早朝、金正恩第1書記の叔父で同国の実質ナンバーツーだった
張成沢・前国防委員会副委員長(67)を処刑したことを明らかにした。
北朝鮮の国営メディアは2700文字を超える公式文書を読み上げ、
処刑の理由について詳細に説明した。
この文書は北朝鮮の治安機関、国家安全保衛部が12日に開いた
特別軍事裁判で明らかにしたものだという。
(ウォール・ストリート・ジャーナル 12月13日(金)14時32分配信)

北朝鮮のNo.2だった張成沢が、まともな裁判も受けられず、
即座に処刑された。

これが反日左翼の理想とする国家(中国や北朝鮮)の正体である。
共産党独裁の中国も似たようなものだ。

「特定秘密保護法案」に怒号を上げて反対し、
「国民の知る権利が侵される」とか、「なんでも秘密にされる」とか
「一般市民が逮捕される」とか、嘘で不安をあおっていた
共産党・社民党・民主党といった政党が、
この事態にどういう声明を出すか興味がありますね。

しかしながら、万一、共産・社民・民主党が政権を取るに至ったら、
日本もどうなるかわからない。

前回の民主党政権だって、危ないところだったし、
あの政権がもうしばらく続けば、
移民1千万人受け入れや、外国人参政権、人権侵害救済法案などの
売国政策が推進されていたことは確かだ。

そして気がつけば、日本人は何も言うことができず、
中国人や韓国人に迫害・蹂躙される
今のチベットやウイグルのような世の中になっていただろう。

最近は、選挙で共産党がブームのように票を集めているが
実はあそこが最も危険な政党なのである。

マスメディアが何も報じないので国民は蚊帳の外だけれど、
共産党・社民党・民主党は日本人のための政党でないことだけは、
よく覚えておいた方がいいと思います。

« 軽減税率って必要? | トップページ | 日本・ASEAN特別首脳会議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の張氏処刑:

« 軽減税率って必要? | トップページ | 日本・ASEAN特別首脳会議 »