フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 韓国船重油流出事故 | トップページ | 靖国参拝批判3国 »

2013年12月26日 (木)

安倍総理、靖国参拝

今日、安倍総理が、総理就任後初めて靖国神社に参拝された。

当たり前のことが、当たり前に行われたのだから、
特に喜ぶにはあたらないと思うのだが、
当たり前のことが、当たり前に行なえなかったこの一年を思うと、
やはり喜ばしいことだと思う。

日本の総理が、日本のために命を賭して戦った英霊に対し、
感謝の念を表すのはとても自然なことだ。
いま日本が、そしてアジアをはじめとする有色人種が、
白人の奴隷としてではなく、世界の重要な地位を占めるに至ったのは、
靖国神社に眠る英霊たちのおかげだ。

そこに日本の総理が参拝するのに反発・抗議するのは、
どう考えても筋が通らない。

まあ頭のいかれた民度の低いお隣の国など
無視すればいいだけなのだが、問題はアメリカだ。

アメリカは、先の大戦を日本が肯定的にとらえることを許さない。
日本軍は鬼畜のような軍隊で、アジア各国に多大な迷惑をかけた
という嘘のイメージを変えられては困るのだ。

そうでなければ、アメリカが非戦闘員の住む東京を焼け野原にしたことや
非戦闘員が住む広島・長崎に原子爆弾を投下したことの
正当性が揺らいでしまう。

当時アメリカは、日本人など猿か何か人類ではないものと考えていた。
だから、原子爆弾を落とすような酷いことが平気で出来たのだ。

しかしながら、21世紀のいま、そんなことは言えないので、
先の大戦は日本が一方的に悪かった、という点だけは譲れないのだ。

いま、安倍総理が靖国を参拝したということは、
アメリカとの話がついたのだろうか。

ニュースでは「米国政府は失望している」との声明を出したらしいが、
本音のところはどうなのかわからない。
これまでは参拝は許さなかったが、この時期ならOKとの
サインが出ていたのかもしれない。

いずれにしても、これは国内問題なのだ。
他国が批判するのは内政干渉以外の何物でもない。

まあ、こんな当たり前のことは、当たり前に行なえるように
一日も早くなってもらいたいものだと思います。

« 韓国船重油流出事故 | トップページ | 靖国参拝批判3国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理、靖国参拝:

« 韓国船重油流出事故 | トップページ | 靖国参拝批判3国 »