フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 何のための反対か? | トップページ | 奇妙な米国の反応 »

2013年12月 7日 (土)

騒ぎを終えて


「特定秘密保護法案」が、参院でも可決成立しました。
これで馬鹿げたマスメディアの反対騒ぎも終わるのでしょう。

それにしても、今回のマスメディア、過激派、左翼文化人、
在日・帰化朝鮮人などを巻き込んだ反対騒ぎは凄まじいものでした。

言ってみれば、戦後60数年、日本の進むべき道を邪魔してきた
勢力の存在が、図らずも明らかになったわけです。

そうした勢力の中心にいるのが在日・帰化朝鮮人であることは
間違いないと思いますが、
それ以外にどういった人間が絡んでいるのでしょう。

もし日本人であるのなら、
なぜそうした勢力に共感しているのでしょう。

洗脳されたのでしょうか?反日教育の成果でしょうか?
お金でも貰っているのでしょうか?
ハニートラップに掛かったのでしょうか?
脅されているのでしょうか?

反日勢力の皮を一枚一枚剥いでいき、
そのコアの部分が白日の下にさらされたそのときに
日本が本当に生まれ変われるのだろうと思います。

« 何のための反対か? | トップページ | 奇妙な米国の反応 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騒ぎを終えて:

« 何のための反対か? | トップページ | 奇妙な米国の反応 »