フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« ソフトバンクの次のCM | トップページ | 日本史高校での必修化を検討 »

2014年1月 5日 (日)

浅田真央の憂鬱


二線級の大会や韓国の国内大会で
今期最高得点をたたき出すキムヨナを
日本のマスコミは嬉しそうに報じている。

浅田真央は、競技のライバルだけではなくて、
スケート協会をはじめ、日本のマスメディア、審判員など
さまざまな敵を相手に競技生活を続けてきた。

そして、その総決算がソチ冬季オリンピックだ。

審判が買収されている以上、
浅田真央が優勝することは、まず難しいだろう。

浅田真央が完璧な演技をして、キムヨナが転びまくったとしても、
回転不足とか何とか難癖をつけられ、ミスなく演技した
他のライバルが金メダルに輝くのではないだろうか?

また、先日の全日本大会のように、
浅田真央が最終演技者になり、
その前の演技者に異常な高得点がつけられて、
彼女が精神的に追い詰められることも考えられる。

もうメダルなんかどうでも良いじゃないか、とも思う。

彼女には、彼女ができる最高の演技を目指してもらいたい。

僕たちは、最高の舞台で、浅田真央の天使の舞いを、
見られるだけで幸せなのだ。

分かる人にはきっと分かるし、彼女の演技はメダルに関係なく
世界から賞賛されるに違いない。

« ソフトバンクの次のCM | トップページ | 日本史高校での必修化を検討 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央の憂鬱:

« ソフトバンクの次のCM | トップページ | 日本史高校での必修化を検討 »