フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 詐欺師的な小泉の脱原発 | トップページ | 欧米クジラ教の信徒たち »

2014年1月20日 (月)

日本の侵略度


日本の政治は民主党や社民党などの帰化朝鮮人勢力に
一時占拠されていました。

さらに現政権の一翼を担う公明党も反日政党だし、
維新の会の中でも橋下寄りの議員は反日勢力です。
共産党は最も反日だし、生活の党もそうですね。

で、問題は自由民主党です。

安倍総理や新藤総務相、稲田知美特命相など
愛国保守の方も多いのですが、
小澤一郎・鳩山由紀夫・岡田克也などが
元自民党員だったことを考えれば、
自由民主党の中にもかなりの数の
帰化朝鮮人・反日勢力が入り込んでいると考えて
間違いないでしょう。

マスコミはほとんどが反日ですし、
裁判所や警察もかなり反日に侵されているようです。

また、芸能界における韓流ブームもそうでした。

テレビが韓流を持て囃し、韓流ドラマや韓流アイドルが
津波のように押し寄せました。

そして、ブームが去り、韓流ドラマがポツポツやっている
程度になっても、テレビに映るのはほとんどが在日・帰化朝鮮人です。
昔から日本の芸能界は、在日・帰化朝鮮人に席巻されていたからです。

スポーツ界も同様です。
ゴルフや野球、サッカーなどで、韓国からやってくる人は
数多いですが、一見日本人に見える選手の中にも
在日・帰化朝鮮人はかなりの数にのぼります。

比率にして日本人の2~3%に過ぎないと思われる在日・帰化朝鮮人が
なぜこれほど日本の各界で活躍しているのか本当に不思議ですが、
これが今の日本の現実です。

こうして見ると日本は、二重にも三重にも反日外人勢力に
牛耳られていることがわかります。

たとえば今回の都知事選も、舛添要一・細川護煕・宇都宮健児が
反日で、愛国保守は田母神俊雄候補ただ一人です。

田母神候補さえ破ることができれば、
他の誰が勝っても反日外人勢力の勝利です。

日本を愛する保守勢力が勝利するのは、
いまの日本では本当に大変なのです。

« 詐欺師的な小泉の脱原発 | トップページ | 欧米クジラ教の信徒たち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の侵略度:

« 詐欺師的な小泉の脱原発 | トップページ | 欧米クジラ教の信徒たち »