フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 東京都知事候補「舛添要一」の評判 | トップページ | 日本の危機は続く »

2014年1月 9日 (木)

不思議な逮捕劇

逃走していた集団強姦などの凶悪犯、杉本雄太が
捕まったようですね。

本当に不可解な出来事があるものです。

これほどの凶悪犯に弁護士が接見するのに、
手錠もかけず腰紐だけ、警察官は一人、ドアの施錠なし。
まさに逃げてくださいとでも言わんばかりの状況です。

逃げて外へ出たら偶然、白いバイクを見かけ、
それが知り合いだったなんて偶然があり得るでしょうか?
それから友人の家を転々とし、携帯電話を借りたという。

さらに不思議なことは、
逮捕時に上空をヘリが飛んでいたことです。

警察の捜査情報は、リアルタイムにマスコミへ
流れているのでしょうか。

もし、そうだとしたら、その捜査情報を
犯人が知ると言うことも十分にあり得ます。
テレビ局は犯罪集団ですからね。

日本の警察とマスコミは末期的です。

犯罪被害に巻き込まれないように
天に祈るしかありません。

« 東京都知事候補「舛添要一」の評判 | トップページ | 日本の危機は続く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な逮捕劇:

« 東京都知事候補「舛添要一」の評判 | トップページ | 日本の危機は続く »