フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 池上彰の洗脳ニュース | トップページ | 不可思議な事件が続く »

2014年1月14日 (火)

地球温暖化はどこへ行った

財務省が発表した国際収支状況速報によると、
昨年11月の経常収支は、単月では過去最大の5928億円の赤字となったようです。
経常赤字は2カ月連続です。

巨額の経常赤字の原因が、原発の代わりに火力発電を増やし、
燃料代が増大したことによるものであることは確かでしょう。

そんな中、熊本のバカ殿、細川護煕が「原発は国の存亡にかかわる問題」として、
「原発が一基もない東京で、脱原発を掲げて」知事選立候補を表明しました。

「自民党をぶっ壊すと言って日本を徹底的に破壊した」白髪の狂人
小泉純一郎が彼を応援しているようです。

小泉は「原発ゼロでも日本は発展できる」と大ウソをついていますが、
彼は日本の大赤字の元である数兆円の原油輸入利権に何らかの形で
関わっているに違いないと思います。

そもそも、すべての原発を止めたと仮定しても、
いま日本には約2万トンの使用済み核燃料が存在し、
半減期が2万年といわれるプルトニウムを含んだまま
地層処分をしなければならず、
その問題をクリアすることなく原発の安全問題を
語ることはできないはずです。

福島原発事故の直接の原因は、巨大地震ではなく巨大津波でした。

ですから、地震対策はもちろん津波対策を充分に施し、
事故の原因となった全電源喪失を二度と起こさないようにした上で
原発を再稼働すべきだと思います。

そして、原発も、火力発電も、数十年のスパンで徐々に減らしていき、
自然エネルギー等の再生可能エネルギーで代替していくのが
望ましいカタチではないでしょうか?

最近、地球温暖化について、ほとんど語られなくなってきました。
オゾンホールや南洋の島の水没問題など、あれほど騒いでいたにもかかわらず、
火力発電によるCO2の増加には口をつぐんだままです。

今すぐ原発をゼロにすることに、どのような論理性や正統性が
あるというのか訳が分かりません。

今後も経常赤字を続けさせ、日本の国力を弱めることこそが目的と
考える以外に理由は見当たらないのではないでしょうか?

老人の戯言に東京都民が騙されることはないとは思いますが、
これからのマスコミ報道を注視していく必要があります。

田母神候補を除くすべての候補、そしてマスコミが反日であることは、
彼らの発言をよく聞いていれば分かるはずです。

« 池上彰の洗脳ニュース | トップページ | 不可思議な事件が続く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この内容には、すべて賛成です。私が、日頃思うことと、完全に一致しました。嬉しい限りです。原発を動かさなければ、戦争、経済の低迷などより、もっと恐ろしい地球滅亡が起きるような気がしてなりません。
大洪水や地球温暖化で溺死、熱中症で亡くなるということが、日常茶飯事になるような気がしてなりません。
福島の原発事故は、津波によるものだということは明らかなのに、やみくもに東京電力を批判するばかりなのは、どこか可笑しいとは思いませんか?

一歩譲って、原発を必要悪と言わせてもらいますが、原発は、クリーンエネルギーなのです。これから事故を起こさないとは断言できませんが、細心の注意を払って、原発再稼働を望み続けます。池上さん、どんどん日本人、いえ、世界の人を洗脳して下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化はどこへ行った:

« 池上彰の洗脳ニュース | トップページ | 不可思議な事件が続く »