フォト

おすすめ本

« 女性の顔に唾を吐きスッとする | トップページ | 正しいことを言う勇気 »

2014年2月 6日 (木)

NHKに変化の兆し


ニュース番組などは相変わらずですが、
最近、明らかにNHKの国会中継が増えましたね。

マスメディアに都合よく編集されたニュースではなく、
ありのままの国会論戦を見る機会が増えたことは、
NHK正常化への小さな一歩と見て
いいのではないでしょうか。

そんなNHKに対して、マスメディアの集中砲火が
止まりません。

なぜでしょうか?

いま、日本のマスメディアは、
オセロゲームで言えば全部「黒」です。

ところが、NHKでもいいのですが、どこか1社が「白」に代わると、
他のメディアもどんどん「白」に代わっていく可能性があります。

つまり、反日の「黒」に塗りつぶされたマスメディアが、
愛国保守の「白」に塗り替えられるかもしれない訳です。

それが、反日左翼、中国・韓国・北朝鮮には
恐ろしくて仕方がないのでしょう。

変化の元である、新しい会長や経営委員を追い出そうと、
必死になっています。

個人的な失言を探しまくって、それを叩いているのですが、
それって思想信条の自由、言論の自由という観点から
どうなのでしょう。

マスメディアの報道は、
偏向報道でさえが言論の自由であるという主張で、
国会でも「嘘を報道する自由があるのか?」
という問題点を突きつけられています。

自分たちの偏向・捏造報道は言論の自由だが、
自分たちを脅かす保守層の思想・信条の自由は許さない、
では話が通りません。

反日マスコミのNHK叩きは今後も続くでしょうが、
筋の悪い主張であるだけに、現状を変えることは難しいでしょう。

動きはじめたこの流れは、もはや止められない力を
持ち始めているのだと思います。

« 女性の顔に唾を吐きスッとする | トップページ | 正しいことを言う勇気 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKに変化の兆し:

« 女性の顔に唾を吐きスッとする | トップページ | 正しいことを言う勇気 »