フォト

おすすめ本

« 軍事力と核 | トップページ | 日韓国交断絶、近づく »

2014年2月27日 (木)

韓国以下の中国


戦時中の強制徴用を巡り、中国人が日本企業を相手に訴訟を行う動きがあり、
中国外務省が日本側に対応を迫っているという。

ついに中国も韓国の(あの韓国の!)真似をし始めましたね。
60年以上前の、しかも解決済みの問題を持ち出してお金をせびるというのは
民度の低い韓国人の専売特許かと思っていましたが、
ついに低民度No.2の中国が韓国を追い抜こうというわけです。

似た者同士とはいえ、世界にここまで情けない国はお隣の2か国だけです。
習近平とパククネがやらせているので、あのバカ面をよく覚えておきましょう。

日本にいる在日・帰化朝鮮人も相変わらずの低民度ぶりを発揮しています。

最近ではアンネの日記などの図書館の本を破いたり、
ソチ五輪・フィギュアで優勝したソトニコワに脅迫メールを送ったり、
日本の生活保護を受けながら反日活動に精を出しています。

そうしたことを日本人がやっているように見せたいのでしょうが、
日本は誰がやっているのかを世界に発信する必要がありますね。

マスコミが在日・帰化朝鮮人に支配されているだけに、籾井さんに一刻も早く
NHKを正常化させてもらわなくてはなりません。

在日・帰化朝鮮人を一気に強制送還できれば、スッキリするんですけどね。

まあ、反日勢力は必死な訳です。
いまが天下分け目の関ヶ原なのかもしれないですね。

日本人なら、安倍総理・籾井NHK会長・経営委員の百田さんや長谷川さんを
応援しなくてはいけません。

蟻の一穴。オセロの黒を一気に白に反転するチャンスなのですから。

« 軍事力と核 | トップページ | 日韓国交断絶、近づく »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国以下の中国:

« 軍事力と核 | トップページ | 日韓国交断絶、近づく »