フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日韓国交断絶、近づく | トップページ | 自作自演の落書き消し隊 »

2014年3月 1日 (土)

朝日新聞の断末魔


ここ数年、朝日新聞の発行部数は
年間数十万部単位で減少しているらしい。

捏造記事ばかりで、まともな情報が得られないのだから、
解約者が多いのは当然のことで、いまだに700万部を超える
発行部数があることの方が信じがたい。

最近のテレビCMを見ても朝日の必死さが分かる。

今時コマーシャルで新聞が売れると考えている朝日の頭は
かなりおめでたいといえるが、テレビCMの出稿量は
朝日新聞が突出して多いのではないだろうか。

朝日新聞自身がよく分かっているだろうが、
解約が増えたのは記事の捏造がバレてしまったからだ。

新聞が嘘のニュースを流し続けていたのだから、
解約を食い止める方法はない。

一方で産経と読売の発行部数が増えているという。
この流れは今後も変わることなく、朝日に加えて日経も
減っていくでしょうね。

毎日新聞は、もともと読んでいる人がほとんどいないので
発行部数の心配はいらないでしょう…(笑)。

« 日韓国交断絶、近づく | トップページ | 自作自演の落書き消し隊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞の断末魔:

« 日韓国交断絶、近づく | トップページ | 自作自演の落書き消し隊 »