フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 「チョン」と言えない日本人 | トップページ | 4連続モンゴル横綱 »

2014年3月23日 (日)

無観客試合のなぜ


浦和レッズのサポーターが差別的な横断幕を掲げたとして、
今日、無観客試合が行なわれるらしい。

誰が、何のためにそんな横断幕を掲げたのかは明かされず、
ただ差別的行為があったと言うだけでの処分である。

ネット上ではジャパンディスカウントの一環で、
在日勢力が仕掛けたことだというような噂も出ているし、
誰が何を目的としてそんな横断幕を掲げたかということくらい
ちゃんと調査し、発表した方がいいのではないか?

「アンネの日記」切り裂き事件にしても、
この「JAPANESE ONLY」という横断幕の問題にしても、
その意図や当事者を明確にしないままに、
何となく日本人が差別的な民族であると言うことを、
主に日本人に対し印象づけようとしているように
感じられてならない。

昨日のブログの続きになってしまうけれど、
日本人は自分が差別的な人間とみられることに
耐えられない民族なのだ。

そこを巧妙についてくるのは、あの民度の低い輩しかない。

「南京大虐殺」も「従軍慰安婦」の性奴隷も、
すべてそうした日本人の差別意識がなせる技なのだ
といいたいのだろう。

日本人は、もうあらゆることを曖昧にするのは
やめた方がいいと思う。

今回の横断幕も、誰が何のためにやったのか?
「アンネの日記」切り裂きも、誰が何のためにやったのか?

それが明らかになると、すべて在日勢力の仕業になってしまうから
マスコミが隠しているのだろうけど…。

となると、結局はこれもマスコミ問題に行き着いて
しまうことになりますね。

« 「チョン」と言えない日本人 | トップページ | 4連続モンゴル横綱 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無観客試合のなぜ:

« 「チョン」と言えない日本人 | トップページ | 4連続モンゴル横綱 »