フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本の自由度 | トップページ | キムヨナ後も続く韓国の不正 »

2014年3月29日 (土)

差別はいけない?


もちろんいわれのない差別がいいわけがない。

しかしながら最近の韓国を見ていると
この国とこの国の国民は世界中から差別されても
仕方がないのではないかと思わずにいられない。

慰安婦をはじめとする歴史認識やさまざまな韓国起源の嘘、
フィギュアスケートやサッカー、柔道などにおける審判買収、
日本におけるレイプや詐欺や殺人、ベトナム戦争における残虐行為や
ライダイハン問題など、本当にこの国のやってきたことは
人として許されるものではない(中国はもっとひどいけど)。

こんな国にスポーツにおけるフェアプレイ精神や
国と国との友好親善などありえない。

もう世界中から差別されることによってしか
この国に反省を促す方法はないのではないだろうか?

まあ世界中から差別されても反省なんかしないかもしれません。
反省という概念があるのかどうかも怪しいものです。

« 日本の自由度 | トップページ | キムヨナ後も続く韓国の不正 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 差別はいけない?:

« 日本の自由度 | トップページ | キムヨナ後も続く韓国の不正 »