フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 自作自演の落書き消し隊 | トップページ | 表面化しないレイプ事件 »

2014年3月 3日 (月)

籾井会長の改革を妨げるもの

反日マスメディアの籾井バッシングが凄まじい。

就任会見では、どう答えても問題になりそうな質問を
朝日新聞の記者がしつこくくり返し、
ノーコメントと言う籾井会長から無理やり言質を引出し、
それをネタに批判したものだ。

その質問は政治的な質問であったため、
どのように答えても公正中立ではなくなってしまう。
個人の立場で話したものを公正中立ではないと言われたら、
何も話せなくなってしまうということだ。

あそこでもし、「慰安婦は日本の軍部が強制連行したものだ」
と答えていたらどうなるのか?
それなら公正中立になるのかを考えたら、
ノーコメント以外に答えようなどなかったわけである。

理事に辞表を書かせたというのも、
そもそも何にために籾井氏が会長になったかを考えなければ
その理由を理解することはできない。

日本維新の会の三宅議員が「NHKは解体するしかない」と、
衆議院総務委員会で発言したように、
いまのNHKは日本の公共放送とは思えない
まるで中国や韓国の支配下にあるような偏向報道を行っている。

それを正すために籾井会長がNHKに送り込まれたのだ。
まず理事をコントロールするというのは当たり前ではないか。

辞表を書かせるというのは荒療治ではあるが、
普通のことをやっていては、中韓に支配されたNHKを
改革することなどできない。

いま騒いでいるのは、改革を妨げようとする中韓に支配された
反日マスコミばかりなのである。

もし、NHK改革が軌道に乗れば、在日・帰化朝鮮人が跋扈する
民放各局も、いまのまま偏向報道を続けることはできなくなる。

ここが日本のマスコミ改革の分かれ道なのだ。

籾井会長には、ぜひ踏ん張って、改革を続けてもらいたい。
日本国と日本国民のために。

« 自作自演の落書き消し隊 | トップページ | 表面化しないレイプ事件 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 籾井会長の改革を妨げるもの:

« 自作自演の落書き消し隊 | トップページ | 表面化しないレイプ事件 »