フォト

おすすめ本

  • 日本国紀
  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« 政治はミステリー | トップページ | STAP論文問題は次のステージへ »

2014年4月24日 (木)

「赤福」の社長交代


伊勢の老舗和菓子店の「赤福」で社長の交代劇があった。
先代の社長の妻が社長につき、息子の社長が代表権のない会長に退く
という人事を先代の社長が決めたということらしい。

何やら親子喧嘩のようだが、父と息子の経営方針の違いが
その背景にはあるという。

息子は「家業から企業へ」を掲げ、近代的経営への転換を
はかりたかったようだが、父は「家業型」の経営スタイルを
守りたかったらしい。

どちらの気持ちもわからないではないが、
経営スタイルの話で言えば、僕は父を応援したいと思う。

父は「赤福」のある「おかげ横丁」に外国人には来てもらいたくない
と話したことがあったという。

これは、外国人への偏見ではなく、日本人の心のふるさとの伊勢で、
日本人に喜んでもらう街にしたいという意味の発言だったらしい。

こうした発言をする頑固親父のような人が、
日本には少なくなったようで、さみしく思うのは僕だけだろうか。

何でもグローバル、世界に打って出る型の経営ではなくて、
日本人にとことん愛される商品やサービスを追求することで、
外国人からも愛されるものができれば、それでいいと思うのだ。

この先代社長は見たこともないけれど、
そうした思いで「家業型」の経営スタイルを守りたかったのだとすれば、
僕はなんとなく共感を覚えます。

« 政治はミステリー | トップページ | STAP論文問題は次のステージへ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/59524499

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤福」の社長交代:

« 政治はミステリー | トップページ | STAP論文問題は次のステージへ »