フォト

おすすめ本

  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« 新藤総務相が靖国参拝 | トップページ | 追い詰められる理研 »

2014年4月14日 (月)

STAP論文スキャンダル

科学知識に乏しい僕が、こんなことを書くのはいかがなものかと思うが、
世紀の大発見といわれたSTAP論文発表以来の理化学研究所と
共同執筆者の山梨大・若山輝彦教授の対応には、怪しげな印象を
抱かずにはいられない。

小保方さんが写真の取り違えを自らネイチャー誌などへ申告した後、
マスコミから少しずつ論文の中身ではなく彼女への人格攻撃のような
情報が流され、それに呼応するように山梨大の若山照彦教授の
論文取り下げ発言が出てきた。

そして、それ以来、一貫して理化学研究所や若山教授は
小保方さんを擁護しなくなってしまった。

問題となっているのは、自ら申告した写真の取り違えと、
データを見やすく加工したことのみである。

それ以外では、共同執筆者の若山教授が、今頃になって実験と論文の
不整合を指摘しているが、そんなことはなぜ論文発表前に
気づかなかったのだろう?

理化学研究所は、いまでは2割以上が外国人で占められているという。
もし、そうした外国人勢力に理化学研究所が影響を受けているとしたら、
そして、理研と若山教授、そして一部マスコミが結託しているとしたら…

小保方さんも、どこかで「大きな力が働いている」というようなことを
語っていたように記憶するが、とにかく世紀の大発見でとてつもない
お金が動くプロジェクトなのだ。

ネット上では小保方さんが朝鮮人であるというような
情報も流されている。

もし、それが本当なのだとしたら、
彼女が嘘をついているということも納得がいく。

しかしながら、僕は彼女が朝鮮人であるとは思えない。

なぜなら、朝鮮人の、朝鮮人による、朝鮮人のための番組である
TBSの報道特集で、小保方さんを叩く番組がつくられていたからだ。

小保方さんが朝鮮人なら、TBSの報道特集が
彼女の不利になるような情報を流すわけがない。

今回のSTAP論文騒動は、これから大きなスキャンダルに
発展していくような気がする。

何の根拠もないけれど…。

« 新藤総務相が靖国参拝 | トップページ | 追い詰められる理研 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/59469842

この記事へのトラックバック一覧です: STAP論文スキャンダル:

« 新藤総務相が靖国参拝 | トップページ | 追い詰められる理研 »