フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 自主防衛 | トップページ | 都内の銭湯6年ぶりに値上げ »

2014年5月26日 (月)

NHKを国営放送に


安倍政権になって、NHKに籾井会長はじめ百田経営委員、
長谷川経営委員などの保守派が送り込まれたけれど、
その反日放送ぶりは一向に変わる気配がない。

中韓の放送局を本局に同居させ、在日・帰化朝鮮人を
大量に社員として抱えている現在の状況では、
NHKが日本国民のための放送局になることは期待できない。

公共放送であるNHKは、海外から見れば日本政府の意向を
代弁する放送局と思われているのではないか?

にもかかわらず、中韓寄りの反日偏向報道を続けるNHKには
もはや存在意義などないだろう。

NHKは即座に解体して、国営放送局に衣替えすべきだと思う。

そうすれば公務員になるのだから、一人平均年収約1750万円とも
いわれる非常識な高給も改善されるだろう。

そして国営放送がまともなニュースを流すことになれば、
これまた酷い偏向報道を続ける民放各社の報道姿勢も
変わらざるを得なくなる。

一昔前までは、テレビはもちろん新聞・雑誌などすべての
マスメディアにおいて、中国や韓国に都合の悪いニュースは
流されることがなかった。

しかしながら最近では、夕刊紙や雑誌、書籍などで、
嫌韓本が飛ぶように売れている。

これは、インターネットの情報により、国民が変わったからだ。

しかしながら、今でもNHK・朝日新聞・毎日新聞は、
頑なともいえる姿勢で中韓寄りの捏造ニュースを
流し続けている。

とりわけNHKは日本と朝鮮の歴史を入れ替えたいらしく、
大河ドラマ「平清盛」で指摘されたように、
昔の日本は色がなく煤けたイメージで、
韓国の歴史ドラマは極彩色の色鮮やかなイメージで
描かれているが、実際は全く逆で、昔の韓国には顔料がなく、
ほとんどの人が白の衣装を着ており、
しかも風呂にも入らず、地べたを這うような生活を
していたので汚いことこの上なかった。

恥ずべき韓国の歴史と誇らしい日本の歴史の入れ替えを
「平清盛」や「花子とアン」「タイムスクープハンター」
などでやっているわけである。

こうした姿勢に変化がない以上、NHKは解体する以外にないが、
これも我々国民が変わらなければ、安倍政権に期待するだけでは
何も変わらない。

おかしな放送があった場合には、すぐにNHKなど発信元に
抗議の電話やメールを送ること。
また、所管の官庁や自由民主党などにも、その事実を伝えること。

こうしたことを多くの国民が始めるだけでも、
世の中は変わると思う。

NHKは即刻解体して、国営放送局へ。

これが実現すれば、日本が変わるのだ。

« 自主防衛 | トップページ | 都内の銭湯6年ぶりに値上げ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKを国営放送に:

« 自主防衛 | トップページ | 都内の銭湯6年ぶりに値上げ »