フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 国防について | トップページ | 日本は民主主義国家か? »

2014年5月 7日 (水)

小保方氏の異議退ける

STAP細胞の論文問題で、理化学研究所の調査委員会は6日の会合で、
研究不正があったとの認定は不当とする小保方晴子ユニットリーダーの
不服申し立てを退け、再調査しないとの結論をまとめた。
調査委は7日にも、この審査結果を理研理事会に報告する。
制度上、小保方氏が審査結果に対して、改めて不服申し立てを行うことはできない。
理研幹部はこれまで「調査委は独立しており、理研はその結論を受け入れる」
と説明している。理研が審査結果を受けて、今後、
小保方氏らの処分の検討と論文撤回の勧告を行う見通しが強くなった。
調査委は4月1日、英科学誌ネイチャーに掲載された論文に関する
最終調査報告を公表し、STAP細胞の様々な細胞に変化する能力や
遺伝的な特徴を示す画像に、捏造(ねつぞう)と改ざんがあったと認定した。
(読売新聞 5月7日(水)14時30分配信)

あらあら何ということでしょう。
小保方さんのSTAP論文に捏造と改ざんがあったと指摘し、
その後多くのメンバーに小保方さんと同様の捏造と改ざんが見つかった
理研調査委員会が、小保方さんの不服申し立てを退けたのだという。
そして、理研幹部は、調査委員会の決定を受け入れるらしい。

理化学研究所と言うのは、なんと横暴で恥知らずな組織なのか?

そもそも調査委員会の調査と言うのが、
STAP細胞が存在するか否かの調査ではなく、
論文に不正があったかどうか(写真の切り張りなど)
ということで、調査など何もしていない。
(それらはすでに報道され、小保方さんも認めていた事実でしかない)

しかも、調査委員会のメンバーたちも、
同様の不正をしていたことが白日の下にさらされたのだ。

なのに小保方さんの不服申し立ては却下し、
理化学研究所における身分は剥奪され、論文撤回の勧告がなされる。

あまりに酷い結論だと思うのは、僕だけだろうか?

この事件は(あえて事件と呼ばせてもらいます)おかしなことばかりだ。

最初、新たな万能細胞の発見ということで
センセーショナルな発表がなされ、
それから写真の取り違えなど小保方さんのミスが次々に報道され、
共同執筆者の若山照彦・山梨大学教授が突然論文取り下げを言い出し
理化学研究所もそれに続き論文撤回やむなしとの結論となった。

理研調査委が小保方論文の不正をたいした調査もせず簡単に認めてしまい、
今度は小保方さん側が不服申し立てをする。

その後、続々と小保方さんと同様の改ざん・捏造が
理研調査委のメンバーの研究から発見される。
(ついにはノーベル賞の山中伸弥教授にまで疑惑が広がる)

そして、このゴールデンウイーク中に
数々のバラエティ番組で小保方さんを笑いものにする
パロディが流され(ある番組では放送自粛となったが)、

今がチャンスとばかり、今日の発表となる。

何か釈然としないものを感じませんか?
この理研の決定に日本国民は納得するのだろうか?

配信元が読売新聞なので、
記事自体が捏造・改ざんされたものかもしれませんが…。

« 国防について | トップページ | 日本は民主主義国家か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

アメリカに戻るしか有りませんね。バカンティさん呼んでるしね。弁護士費用も教授が出したのかな? アメリカの医者ハンパないくらいお金持ちらしいよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小保方氏の異議退ける:

« 国防について | トップページ | 日本は民主主義国家か? »