フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 世界卓球の応援について | トップページ | 「美味しんぼ」小学館が釈明 »

2014年5月12日 (月)

中国、崩壊

昨日、フジテレビの「Mr.サンデー」で
東方のマンハッタンと呼ばれる天津市のゴーストタウンを
取り上げていた。

入居者がなく、荒れ果てた高層ビル。
工事が中断され、そのまま放置された別荘群。

日本でその昔、公共事業悪玉論の象徴のように言われた
本州と四国を結ぶ3本の橋の比ではない。

何という愚かしくも壮大な無駄遣いなのだろう。

政治とか経済は、国民を幸せにするためのものだと思うが、
中国共産党にその発想は全くないようだ。

天高く聳えるビル群は人が利用するためのものではなく、
経済を発展させるための投資物件でしかない。

しかしながら、そこに投資されたお金は
何も生み出さずにゴーストタウンと化していく。

そんな壮大な廃墟が、中国にはいくつも造られている。

河を汚し、大気を汚し、地下水を汚し、
国民の健康を害し、不安に陥れ、世界に汚染を広げる。

そして軍備を増強し、チベットやウイグルの人々を蹂躙し、
日本・ベトナム・フィリピンの島嶼部を侵略する。

いったい何のためにこんなことをしているのだ?

中国人は、自分たちがやっていることの意味を
恐らくは分かっていない。

分からないままに、
破壊へ、崩壊へ突き進んでいる。

« 世界卓球の応援について | トップページ | 「美味しんぼ」小学館が釈明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国、崩壊:

« 世界卓球の応援について | トップページ | 「美味しんぼ」小学館が釈明 »