フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 「美味しんぼ」小学館が釈明 | トップページ | 雁屋哲の妄想 »

2014年5月13日 (火)

日本を破壊する最後の手段

戦後70年近く、日本人を愚民化する政策を徹底して
続けてきたのに、未だに日本人は本質的に変わっていない。

それを如実に示したのが東日本大震災での
東北の人々の振る舞いでした。

では、日本を根本的に破壊するための最後の手段は何でしょうか?
それが「移民政策」なのだと思います。

本当に呆れてしまうくらいの「愚民」の集まりである
中国人・朝鮮人を、日本人の人口を超えるほどにしてしまえば、
さすがに日本は日本であり続けることができない。

今でさえ、毎日のように在日・帰化朝鮮人による
愚かな犯罪がこの国で繰り返されているのですから。

彼らが半数を超えれば、日本は犯罪が激増し、貧困化し、
ビルを建てれば傾き、船舶事故が起これば
被災者を救うこともできない国に成り下がるでしょう。

安倍総理は、移民政策はとらないと言いながら、
外国人労働者を入れようとしています。

そこにどのような制限をつけようと、
やがて外国人労働者の流入が止まらなくなることは
ヨーロッパの例が示しています。

外国人労働者の受け入れだけは、
日本が最もやってはならない政策だと思います。

« 「美味しんぼ」小学館が釈明 | トップページ | 雁屋哲の妄想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本を破壊する最後の手段:

« 「美味しんぼ」小学館が釈明 | トップページ | 雁屋哲の妄想 »