フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« スーパークールビズって… | トップページ | 栃木小1女児殺害報道について »

2014年6月 3日 (火)

石原慎太郎氏が移民必要

日本維新の会を分党した石原慎太郎氏が、
移民に賛成しているらしい。

櫻井よし子氏も外国人受け入れには国家戦略が必要と
基本的に安倍政権の実質的移民政策を支持している。

国際競争力を増すために日本国民の賃金を低く抑えたいグローバリストや
日本を日本でなくしてしまいたい反日左翼なら分かるけれど
なぜ、保守と呼ばれる人たちまで移民に賛成しているのだろう?

建設業界など、ようやく供給過剰から供給不足に転換し、
賃金が上昇しようというときに外国人労働者を入れてしまえば
せっかくの賃金上昇が抑えられる。

日本国民の賃金が上がらなければ購買力も高まらず、
需要不足が続いてデフレ脱却も遠のくだろう。

それ以上に、現在ですら在日・帰化朝鮮人・中国人で苦しんでいるのに、
なぜ、これ以上悩みのタネを増やさなければいけないのか?

外国人を入れることで、日本人の生活が豊かにならなければ、
結婚や出産をためらう人が減らず、少子高齢化はますます進むだろう。

そして、人口減少による労働者不足でさらに外国人を入れるとなると、
いつか日本という国は、日本人の国ではなくなってしまう。

石原慎太郎氏や櫻井よし子氏は、
そこまで考えて言っているのだろうか?

無知なのか?それとも保守の仮面をつけた反日勢力なのか?

戦後の日本人は、男の働き手を戦争で大量に失ったにもかかわらず、
みんなで力を合わせて一所懸命に働き、高度成長を成し遂げた。

今またそのチャンスが到来しているのだ。

男も女も、若きも老いも、力を合わせて働くことで、
この人口減少社会を乗り切るべきなのだ。

そうすれば日本はやがて成長軌道に乗り、
安心して結婚・出産ができる社会を取り戻せるだろう。

« スーパークールビズって… | トップページ | 栃木小1女児殺害報道について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石原慎太郎氏が移民必要:

« スーパークールビズって… | トップページ | 栃木小1女児殺害報道について »