フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 撃墜マレーシア機にエイズ研究者100人 | トップページ | 小5女児誘拐犯も無職 »

2014年7月19日 (土)

NHKの国営化を考えるとき


NHKの会長に籾井さんが送り込まれ、
経営委員に百田さんや、長谷川さんが就いたけれど、
NHKの反日的な報道姿勢は全く変わるところがない。

一昨日の「ニュースウオッチ9」ではキャスターの大越健介が
「在日コリアンの1世の方達というのは、1910年の韓国併合後に強制的に
連れてこられたり、職を求めて移り住んできた人達で大変な苦労を重ねて、
生活の基盤を築いてきたという経緯があります。」
と事実と全く異なる「強制的に連れてこられた」との嘘を言い、
その発言への抗議に対してNHKは、「大越健介の個人的な意見」
と答えたらしい。

また、今日のNHKスペシャルでは、「超人手不足ニッポン」というタイトルで、
外国人労働者の流入促進を煽り、移民が入ってくることによる問題には
全く触れない偏向報道を行なった。

もうNHKを今のまま、正常化するのは不可能と考えた方が
いいのではないか?

NHKは国営化し、バラエティ番組などはやめ、
毎日のニュースは事実を正しく報道し、日本の歴史や文化など
日本人が知っておくべき情報をドキュメンタリーやドラマなどで伝え、
従軍慰安婦や南京大虐殺など捏造された歴史問題には
事実を正しく海外に発信するなどの機能を担わせるべきだ。

そういうメディアが日本には絶対必要で、
いまは逆に、朝日新聞やNHKが日本に不利になるような
中国や韓国寄りの嘘を海外に配信している。

今日のNHKスペシャル「超人手不足ニッポン」を見た人は、
外国人労働者を迎えるのはやむを得ないことで
むしろ受入れ条件を緩和しなければいけないと考えるだろう。

外国人が大量に流入してくる場合、メリット以上に、そのリスクを
正しく報道すべきである。

一度移民の門戸を開いてしまったら、もう元には戻せないのだ。

その重大な判断の材料を日本人に伝える番組を、
いまのNHKは朝鮮人が中心になって作っているのです。

« 撃墜マレーシア機にエイズ研究者100人 | トップページ | 小5女児誘拐犯も無職 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKの国営化を考えるとき:

« 撃墜マレーシア機にエイズ研究者100人 | トップページ | 小5女児誘拐犯も無職 »