フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 食の安全はどこへ | トップページ | NHKが不正を暴く(笑) »

2014年7月26日 (土)

日本人の国に朝鮮人の議員


舛添知事や、民主党や、社民党や、公明党や、
これに関わる地方議員も含めて、
一体日本には何人の朝鮮系議員がいるのだろう?

これがわれわれ日本人には全く分からないし、
特に投票する際に朝鮮系か日本人かの見分けがつかない
というのは問題ではないだろうか?

通名という世界的に見ても特殊な制度のために、
この日本では、とりわけ朝鮮人に限り、
日本人かそうでないのかが分からなくなってしまっている。

国会をはじめ、地方議会でも、ここは日本なのだから、
日本人の議員を選びたいと多くの日本人は思っていると想像するのだが、
その思いを投票行動につなげることができない。

結果として、大量の朝鮮系議員を生んでしまっているのだ。

最近になってようやく、民主党と社民党のほとんどが
朝鮮系の議員であることが知られるところとなったが、
自由民主党の中にも朝鮮系議員は大量に含まれている。

これは、鳩山由紀夫や岡田克也、小沢一郎など
元自民党の議員に朝鮮人の血が流れていることでも
よく分かるだろう。

特に小沢一郎は、一時期、幹事長として自民党政権全体を
牛耳る実力者でもあった。

国民の圧倒的な支持を受け、5年5ヶ月総理大臣を務めた
小泉純一郎にも朝鮮系との噂がある。

こうした日本国の政権の中枢にあった人たちが、
日本人なのか朝鮮人なのかよく分からないということで
本当にいいのだろうか?

政治家はもちろん、一般の市民だって、この日本で生きていくのに
出自を明らかにしなくて良い、というわけではないだろう。

だいたい出自を隠すという行為そのものが、
あの国の嘘にまみれた歴史認識、起源、国家、教育などと
分かちがたく結びついているのだ。

まず事実を見つめることからだ、
と日本人は気づいてしまったのである。

とりあえず日本国内は、これ以上嘘まみれの状態に
しておくわけにはいかない。

« 食の安全はどこへ | トップページ | NHKが不正を暴く(笑) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の国に朝鮮人の議員:

« 食の安全はどこへ | トップページ | NHKが不正を暴く(笑) »