フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 舛添知事の売国外交 | トップページ | 日本人の国に朝鮮人の議員 »

2014年7月25日 (金)

食の安全はどこへ

日本マクドナルドのチキンナゲットの原料が、
中国産で、しかも賞味期限切れの腐敗したものを
使用していたとして騒ぎになっている。

マクドナルドでは、引き続き同じ業者の材料を
使い続けるらしい。

ファミリーマートのチキンを使った商品も
同様の材料を使っており、
この業者との取引はやめるらしいが、
中国で代わりの業者を探すという。

普通の人ならば、中国で腐敗肉が非衛生的な環境で
調理されていたことよりも、中国食材がこのように
身近なところで大量に使われていることに
驚くのではないか?

中国や韓国の食材が非常に危険であることは
知識としては知っていても、
それが、どこで、どのように使われているかは
分かりにくい。

マクドナルドやファミマのチキンを今後食べないとしても、
中国食材はあらゆる加工食品に紛れ込んでいる。

このようにいい加減なチェックで、
極めて危険な中国や韓国食材が日本で流通していることが
根本的な問題なのだ。

スーパーに行っても、イオンを除けば中国や韓国産の
野菜や生鮮食品を見つけるのは難しい。

腐敗肉が混入していたわけだから、
日本に入る時点でのチェックがきわめて甘いことは
疑う余地がない。

大好物のチキンナゲットを毎日食べて育った日本の子供達に、
将来どのような健康障害が起こるのだろう。

そして、その責任はだれが負うというのだろう。

「食の安全・安心」などということが声高に叫ばれているが、
はっきり言って厚生労働省は、こうしたことに、何の興味も責任も
感じていないことは確かなようだ。

« 舛添知事の売国外交 | トップページ | 日本人の国に朝鮮人の議員 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食の安全はどこへ:

« 舛添知事の売国外交 | トップページ | 日本人の国に朝鮮人の議員 »