フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 事件の背後にあるもの | トップページ | 不買運動の手強さについて »

2014年7月22日 (火)

小5誘拐犯の異常性


事件が明らかになるにつれて、
今回の誘拐・監禁事件の異常性が浮き彫りになってきた。

犯人は数か月前から被害女児に狙いを定め、
部屋を防音・外からカギをかける監禁仕様にし、
2月から10回以上倉敷を訪れていたようだ。

突入警官には、女児を「自分の妻です」と説明し、
取り調べに対しては、「女児を自分好みに育てたかった」
と供述しているという。

明らかにまともじゃないですね。

またもや精神鑑定などという問題が
出てきそうな気がします。

だいたい、この藤原武(49)という男は
日本人なのでしょうか?

父は死に、母は介護施設に入っているというが、
どのような素性の男なのでしょう?

この家は実家で、自分の家は他にあるらしいけれど、
実家で近所づきあいが全くないというのは
どういうことなのでしょう。

まあ、逮捕監禁だけでは、
法定刑は懲役3月以上7年以下のようなので、
精神鑑定で無罪にならなくとも、
すぐに娑婆には出てきてしまいますが…。

本当にこの日本も、異常な人間たちが
普通に暮らす国になってきたようです。

« 事件の背後にあるもの | トップページ | 不買運動の手強さについて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小5誘拐犯の異常性:

« 事件の背後にあるもの | トップページ | 不買運動の手強さについて »